シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・演出家を目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
管理人のTwitter(@scenarionavi)では、募集中のコンクールや審査結果、脚本術やドラマ・映画製作に関する情報を定期的につぶやいています。


漫画脚本大賞/週刊少年マガジン×モーニング

漫画脚本大賞/週刊少年マガジン×モーニング
第3回 漫画脚本大賞
締切:2019年4月30日(火) 当日消印有効
※WEB応募は同日23時59分まで。
入賞賞金
大賞:20万円+連載確約
※掲載媒体は「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」「マガポケ」「モーニング」「モーニング・ツー」「モアイ」「コミックDAYS」などを予定しています。
※権利侵害等の都合により、掲載できない場合があります。


優秀賞:10万円
奨励賞:5万円

ジャンル
漫画脚本

応募に必要なもの/応募規定
応募に必要なものは以下の3つです。
  1. 企画書A4一枚
    ・タイトル
    ・あらすじ
    ・応募作が単行本になった時、帯に入れたいキャッチコピー
    の3つをA4用紙一枚にまとめたもの。

  2. 連載1話分の脚本
    30分アニメの1話分相当の文章量で、小説・脚本など形式は不問。

    脚本の最後に、以下の項目を必ず明記してください。
    ・本名(発表時にペンネーム希望の方はペンネームも)
    ・住所
    ・年齢
    ・電話番号
    ・メールアドレス
    ・職業
    ・著作(あれば)
    ・漫画原作を書きたい理由

  3. 今後の展開案A4一枚
応募方法
公式サイトにある「ウェブ応募フォーム」から送信、または郵便か宅配便にて下記住所までお送りください。

〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21
講談社週刊少年マガジン編集部
漫画脚本大賞係

審査フロー
《一次審査結果発表》
2019年6月4日(火)
モーニング公式サイトにて発表予定

《最終審査結果発表》
2019年7月10日(水)
「週刊少年マガジン」誌面およびモーニング公式サイトにて発表予定

選考/審査員
週刊少年マガジン編集長・栗田宏俊
モーニング編集長・宍倉立哉

その他/注意事項
  • 賞にもれた場合でも担当がつくことがあります。
  • ご応募いただいた企画書・脚本は返却いたしません。
  • 他の賞への同時応募は不可。
  • すでにウェブ上などに発表しているものも応募可(その場合は掲載媒体を明記してください)。ただし、入賞作品の雑誌掲載権、単行本出版権は講談社に帰属します。
  • 編集部への持ち込み応募は不可です。
受賞者インタビュー
「第1回 漫画脚本大賞」を受賞した生口紺氏のインタビュー記事が「マガポケ」公式サイトで公開中です。

第1回大賞受賞者・生口紺インタビュー(前編)
第1回大賞受賞者・生口紺インタビュー(後編)

応募先
《ネットで応募する場合》
公式サイトにある「ウェブ応募フォーム」から送信してください。

《郵送で応募する場合》
〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21
講談社週刊少年マガジン編集部
漫画脚本大賞係


※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



えほん大賞(ストーリー部門)/文芸社

えほん大賞(ストーリー部門)/文芸社
第16回 えほん大賞/ストーリー部門
締切:2019年4月20日(土) 当日消印有効
入賞賞金
大賞:賞金各50万円+書籍化・出版 (各部門1作品/計2作品)
優秀賞:賞金各10万円 (各部門2作品/計4作品)
特別賞:賞金各5万円 (各部門1作品/計2作品)

ジャンル
絵本作品/絵本のストーリー

応募資格
不問

応募規定
テーマや作風は問いません。どのような作品もご応募いただけます。

❶絵本部門
対象ジャンル:絵本作品(絵と文章で構成された作品)
タテ・ヨコ不問。画材等も問いません。パソコンでの制作物も可。
原画ではなくカラーコピー(1ページ最大A3まで)をお送りください。

❷ストーリー部門
応募ジャンル:絵本ストーリー(絵本化を想定した文章作品)
手書き、ワープロ印字どちらも可。原稿枚数不問。

●その他、注意事項
《応募様式》
タイトルを添えてお送りください。文字組等、書式や体裁は自由。応募原稿は返却いたしませんのでコピーでのご応募をお奨めいたします。

《作品の権利》
応募者が作品に関する諸権利を有する、自作未発表の作品に限ります。大賞作品の出版権および二次利用権は、株式会社文芸社に帰属するものとします。書籍化等発表の際には、作品を編集させていただくことがあります。

《その他》
ご応募は、両部門合わせてお一人様1作品のみとさせていただきます。選考基準および選考過程に関するご質問・お問い合わせは一切ご遠慮願います。応募者には出版(有料)提案をさせていただく場合があります。未成年の方が応募される場合、「保護者のお名前・ご連絡先」を明記ください。お預かりする個人情報は「文芸社出版文化振興基金」事務局(株式会社文芸社)から応募者への連絡等に使用いたします。外部に提供することは一切ありません。

結果発表
2019年6月下旬(予定)
応募者全員に選考結果を通知。
入賞者は文芸社ホームページにて発表。

入賞作品について
◆大 賞…各部門1作品。賞金各50万円&書籍化・出版(計2作品)
◆優秀賞…各部門2作品。賞金各10万円(計4作品)
◆特別賞…各部門1作品。賞金各5万円(計2作品)

選考委員
文芸社出版文化振興基金運営委員会

◆運営委員長
中曽根弘文
参議院議員 外務大臣、科学技術庁長官、文部大臣歴任

◆運営委員
石井秀卓 学校法人 大船いしい学園 ひがし幼稚園 理事長/園長
乙津宜男 株式会社 紀伊國屋書店 元代表取締役社長
金柿秀幸 株式会社 絵本ナビ 代表取締役社長
西東桂子 教育ジャーナリスト/元朝日新聞社 月刊『幼稚園ママ』編集長

応募方法
原稿応募の際には、必ず作品タイトル、プロフィールをご明記の上、作品とともにお送りください。お預かりする個人情報は「文芸社出版文化振興基金」事務局(株式会社文芸社)から応募者への連絡等に使用いたします。外部に提供することは一切ありません。

▼ご応募に際し必要な情報
【1】作品タイトル
【2】応募部門(えほん部門 / ストーリー部門)
【3】ペンネーム(本名でもかまいませんが、結果発表時に使用します)
【4】プロフィール
1.ご本名 2.ふりがな 3.年齢 4.職業 5.性別 6.郵便番号 7.住所 8.電話番号 9.Eメールアドレス 10.弊社HP訪問のきっかけ(わかる範囲で)
※未成年の方が応募される場合、「保護者のお名前・ご連絡先」をご明記ください。

【1】 Webから応募する場合
公式サイトの専用応募フォームから必要事項を入力の上、作品データを添付して応募してください。
添付ファイルのデータ容量の上限は5MBまでとなります。

【2】 メールで応募する場合
応募メールアドレスは公式サイトを参照してください。
添付可能なデータ容量は3MBまでとなります。

【3】 郵送で応募する場合
下記住所まで原稿を同封して郵送してください。
※プリンターをお持ちの方は応募シート作成フォームに入力の上、プリントアウトして原稿に同封してください。

送付先住所
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-10-1
「文芸社出版文化振興基金」事務局
「第16回えほん大賞」係


※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



九州戯曲賞/九州地域演劇協議会

九州戯曲賞/九州地域演劇協議会
九州戯曲賞
締切:2019年4月15日(月) 当日消印有効
入賞賞金
大賞:30万円 (源泉所得税込み)
※佳作、奨励賞等の賞を設置することがあります。


ジャンル
戯曲(演劇脚本)

応募資格/対象作家
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県に在住、またはこの7県を主たる活動の場とする演劇戯曲の執筆者。

原稿枚数
40枚~200枚程度(400字詰め原稿用紙)

応募作品条件/応募方法
募集要項(PDF)
応募票(PDF)
  • 平成29年の4月から平成31年3月までに書き下ろした作品で著作権(上演権、出版権等)が作者本人にあるもの。
    ※上演済み、上演予定、書籍あるいは雑誌に発表がある場合は、特にご注意ください。
  • 1人2作品まで。2作品応募される方は九州地域演劇協議会サイトをご確認ください。
  • 原稿用紙は400字詰め。
    ワープロの場合は片面印刷でA4に800~1600字詰め。
    枚数は400字詰め原稿用紙換算で40枚~200枚程度とする。
    (いずれも縦書き)
  • 1作品につき、応募票1部、表紙と応募戯曲を3部提出する。
    作品は、レターパックプラス、簡易書留、配達証明郵便、または宅配便など受取の記録が残る方法で送付ください。(到着のお問い合わせには応じかねます。直接持参及びEメールでの応募はできません)
    提出された作品は、応募の撤回、変更あるいは訂正加筆することはできません。
  • 他の作品より引用した場合は、その作品名および引用箇所を明記して下さい。
  • 原作ものの脚色については原作者に著作権がある場合は、脚色の許可を取り、作品名と原作者名を戯曲の末尾に記載して下さい。
  • 対象期間以前に書かれた自作品の改作は原則として応募できません。
  • 応募要項及び応募方法に反する事実、著作権の未処理、剽窃等が判明した時は、氏名公表の上、受賞決定後でも失格とします。
  • ご応募いただいた作品は返却いたしません。必要な場合は控えを残した上でご応募ください。
  • 上記の条件について、電話かメールで確認することがあります。ご了承の上ご応募下さい。
最終審査員
佐藤信
横内謙介
松井周
中津留章仁
桑原裕子

審査スケジュール
一次審査:5月
最終審査:6月下旬

審査結果
応募者には複数の一次審査員(全国各地の劇作家・演出家・プロデューサーなど)による講評等を送付します(不要の場合は応募票に明記のこと)。
一次審査員、審査過程及び応募作品については非公表とし、審査結果は本人にのみお知らせします(最終選考作品は除く)。

著作権
受賞作品の著作権は原著者(作者)に帰属します。
受賞から2年間のリーディング公演を含む上演権・出版権(翻訳・翻案による二次的著作物を含む)は、九州地域演劇協議会が優先してもち、その対価は別途協議するものとします。
九州戯曲賞の共催又は協力団体により上演されることがあります。

主催
九州地域演劇協議会
NPO法人FPAP

協賛
株式会社ふくや

応募先
〒815-0033 福岡市南区大橋4-12-17-101号
九州地域演劇協議会事務局


※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



SHORT MOVIE CONTEST 第1弾/脚本部門・映像部門

SHORT MOVIE CONTEST 脚本部門/映像部門
SHORT MOVIE CONTEST 第1弾/脚本部門・映像部門
締切:2019年4月14日(日) 23:59 【WEB応募】
「SHORT MOVIE CONTEST 第1弾」について
SAI CONTESTは、SAIの中でも次世代の優秀なクリエイターを発掘するサービスです。
単に優秀な企画を表彰するだけでなく、作品の映像化、収益化、世界展開など長期に渡りSAIでサポートします。

この度MIJIKA株式会社と共同で、「SHORT MOVIE CONTEST 第1弾」を開催することとなりました。脚本部門と映像部門の2部門においてクリエイターを募集いたします。

※MIJIKA株式会社は、楽天株式会社と株式会社ガールズアワードの合弁会社として2018年10月に設立されたショートコンテンツ制作プロデュースを手掛ける新規事業会社です。
※SAIGATE株式会社は、クリエイターの発掘・応援をする会社です。

入賞賞金/受賞特典
《映像部門》
グランプリ(1作品):賞金20万円
優秀作品(5作品):賞金1万円

《脚本部門》
グランプリ(1作品):賞金5万円
優秀作品は、楽天の提供する動画配信サービス『Rakuten TV』での期間限定配信。
脚本部門グランプリは、SAIパートナーチームが映像化を支援。制作資金の調達から作品制作までプロデュースワークをご支援します。

※グランプリ、優秀作品の受賞人数は応募状況により変動します。
※受賞された場合は、企画開発会議への参加やリサーチ、脚本制作などにも全面的に参加協力いただきますので、その旨をご了承いただいた上でご応募ください。

応募資格
本気でプロのクリエイターを目指している方。
年齢、国籍は問いません。
入賞された場合、作品の映像化または事業化に協力及び参加できる方。

原稿枚数
《脚本部門》
フォント:MS明朝、用紙サイズ:A4(1枚につき800文字以内)
目安:400文字(1分)~6,000文字(15分)手書きは不可)

《映像部門》
エンドロール含め15分以内の作品

募集テーマ
LGBT × ?

LGBTを自由に表現し、15分以下の脚本・映像をご応募いただきます。LGBTについての何を伝えたいのか、メッセージ性やテーマ性を持った作品をお待ちしております。

応募方法/応募規定
脚本部門と映像部門の2部門があります。
公式サイトにあるエントリーフォームに必要事項を記載の上、下記応募データをお送りください。
応募作品は未発表の作品に限ります。



《脚本部門》
下記3点のファイルをフォルダに入れ、フォルダ名を半角英数で名前にしてzip圧縮し、応募フォームに添付してご応募ください。
例:yamada_taro.zip

用紙サイズ:A4。1枚につき800文字以内。
※手書きは不可となります。
  1. 作品企画書(1~3枚程度、企画内容、登場人物と人物概要等、書式自由、pdf)
  2. あらすじ(1枚程度、書式自由、pdf)
  3. 脚本(枚数制限なし、書式自由、pdf)
    ※フォント:MS明朝、用紙サイズ:A4(1枚につき800文字以内)、目安:400文字(1分)~6,000文字(15分)。
    ※未発表の作品に限ります。



《映像部門》
下記2点のファイルをフォルダに入れ、フォルダ名を半角英数で名前にしてzip圧縮したものを応募フォームに添付し、また、応募する1分~15分以内の映像作品をYoutubeに限定公開でアップロードし、そのURLをフォームに記載してください。Youtube以外の動画サイトは受付することができません。
例:yamada_taro.zip

用紙サイズ:A4。1枚につき800文字以内。
※手書きは不可となります。
  1. 作品企画書(1~3枚程度、企画内容、登場人物と人物概要等、書式自由、pdf)
  2. あらすじ(1枚程度、書式自由、pdf)
応募締め切り
2019年4月14日(日) 23:59

審査スケジュール/発表
▼ 1次審査
テーマ性・企画構成・斬新さ・映像化/作品化可能性・心が動くかどうか等を審査

▼ 2次審査
映像化/作品化にむけて面談形式で詳細な内容を審査

▼ 結果発表
入賞された方には、事前にメール等でお知らせの上、本サイト上で発表致します。

その他/注意事項
  1. 応募作品の著作権は応募者に帰属します。
  2. 前項にかかわらず、応募者は、一次審査を通過された場合、応募作品の全ての著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)を主催者に譲渡することとし、応募者は作品の映像化及び事業化に協力することとします。なお映像化に際しては脚本を変更することがあります。
    ※”コンテンツの価値を最も高める展開を(海外展開を含む)するために、作品に関する権利を一元管理していく”という理念の下、受賞作品の全ての著作権を主催者に帰属させて頂いております。
  3. 応募作品データは一切返却できません。
  4. 本コンテストご応募の際にご入力いただいた個人情報は、以下のとおり共同利用いたします。
    ①共同利用する個人データの項目
    氏名、性別、年齢、職業、住所、電話番号、メールアドレス
    ②共同利用者の範囲
    ・MIJIKA株式会社
    ・SAIGATE株式会社
    ③共同利用の目的
    本コンテストの応募確認のご連絡、受賞のご連絡・発表、選考、最終選考対象作品発表、その他本コンテストの実施運営を円滑に行うため
    ④個人データの管理について責任を有する者の名称
    MIJIKA株式会社
    ※本コンテストにおける個人情報の取扱いに関するお問い合わせや開示などの求めに関しては<mjk-contact@mail.rakuten.com>にご連絡ください。
    本コンテストの終了と同時に上記共同利用は終了し、MIJIKA株式会社及びSAIGATE株式会社は、それぞれ独立して個人情報を保有し、当該個人情報を各社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。
    【MIJIKA株式会社】
    MIJIKA株式会社が取得する個人情報は、①作品の選考及び応募者へのご連絡、②MIJIKA株式会社のサービスやコンテストのご案内のために利用いたします。
    MIJIKA株式会社における個人情報の取り扱いに関するお問合せや開示等の求めに関しては<mjk-contact@mail.rakuten.com>にご連絡ください。
    【SAIGATE株式会社】
    https://www.saigate.com/privacy/
  5. 選考内容、審査状況及び結果に関するお問い合わせには一切応じられません。
  6. 未成年の方は応募時に、保護者の同意を得た上でご応募ください。
  7. 第三者の原著作物を脚本化又は映像化した作品、及び他コンテスト等に応募・受賞された作品は応募できません。
  8. 応募者は、応募作品について自身が創作したオリジナルであることを保証するとともに、第三者の著作権、著作隣接権、商標権等の知的財産権その他一切の権利を侵害していないことを保証するものとします。また、応募者は、応募作品の制作に関わった全ての者が、著作者人格権、肖像権、プライバシー権、その他法令上譲渡することができない権利について、主催者又は主催者の指定する者に対して行使することがないよう、応募者自らの費用と責任において必要な措置を講じていることを保証し、応募者自身もかかる権利を行使しないものとします。
  9. 応募作品が映像の場合、応募者は、出演している役者の肖像権、プライバシー権、使用している音楽の著作権及び著作隣接権、その他音や映像の素材等の権利を含む全ての権利について権利処理及び許諾を受けていることを保証するものとします。
  10. 第三者の著作権を侵害する応募作品(第三者の脚本等の作品を転載したもの、第三者の作品と酷似したものなど)は受賞対象外とさせていただきます。
  11. 入賞後に本規約に違反している事実が発覚した場合には、入賞を取り消した上で賞金を返還いただきます。
  12. 万が一、応募作品について第三者から異議の申し立てや損害賠償等のトラブルが発生した場合には、応募者自らの費用と責任において解決していただくようお願い致します。応募作品の「著作権」は応募者に帰属します。
主催
MIJIKA株式会社
SAIGATE株式会社

応募先
公式サイトにあるエントリーフォームに必要事項を記載の上、応募データをお送りください。

※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



OMS戯曲賞/大阪ガス

OMS戯曲賞/大阪ガス
第26回 OMS戯曲賞
応募期間:2019年2月20日~4月10日 当日消印有効
入賞賞金
大賞30万円(1名)
佳作10万円(1名)
※原則として、大賞受賞作品を受賞翌年度の3月末日までに再演する場合には、追加で50万円を助成します。

OMS戯曲賞とは
OMS戯曲賞は、扇町ミュージアムスクエア(OMS)10周年記念事業の一環として1994年に創設しました。
次代を担う新たな劇作家の発掘と同時に、既に評価のある中堅劇作家への刺激も兼ねて、過去に受賞歴のある作家も選考の対象にしており、関西発信の戯曲賞として全国的に注目を集めています。
前年に書き下ろし上演された作品を対象に、大賞、佳作をそれぞれ1本ずつ選び、受賞作(大賞・佳作)と選評、選考過程を収録した本を出版します。
また、第1回~7回までの大賞受賞作は、OMSプロデュースとして公演を行いました。
主催は、第10回(03年)までは大阪ガスグループの(株)アーバネックスが、第11回(04年)からは大阪ガス(株)が行っています。
事務局の運営は、第11回(04年)までは大阪ガスグループの(株)プラネットワークが、第12回(05年)からは大阪ガスビジネスクリエイト(株)が行っています。

応募規約/応募資格
  • 関西二府四県に在住、または関西を主たる活躍の場とする劇作家で、募集前年の1月から12月までに書き下ろしのうえ、上演された作品に限ります。
  • 旧作品の改訂版および同年度に他の戯曲賞に応募された作品は対象となりません。
  • 一人一作品に限ります。他の戯曲賞を受賞した作家も資格はあります。
  • 年齢、性別、国籍等は一切問いません。
  • 応募作品が候補作品となった場合は、入選発表までの期間に当ホームページにて閲覧に供するものとします。その際は、応募作品のテキストデータ(ワード形式)を提出いただきます。受賞作品の著作権は原著者(作者)に帰属しますが、出版権は出版から1年間は発行元に帰属します。
  • 他の作品より引用した場合は、その作品名および引用箇所を明記してください。
応募書類
  • 戯曲3部
    手書きでもかまいませんが、清書のうえ送付してください。
    枚数の制限はありません。印刷された作品はそのままでも可。
  • 劇団のプロフィール
    上演記録
  • 作家個人のプロフィール
    氏名(ペンネームの方は本名も)、住所、電話番号、e-mailアドレス、生年月日は必須。
    年齢、略歴:演劇活動歴などを明記したもの。
  • 上演時のチラシ
  • 上演時の企画書
    作品の概要・趣旨やあらすじ、スタッフ、キャスト、等を明記したもの。
※お預かりした個人情報は、事務局にて適切に管理し、賞の選考および事務局からの案内・連絡以外の目的には使用いたしません。

入選発表
2019年11月中旬~12月中旬(予定)
※決定次第ホームページ上にて発表。

選考委員
生田 萬(劇作家)
佐藤 信(劇作家)
鈴江 俊郎(劇作家)
鈴木 裕美(演出家)
渡辺 えり(劇作家)

出版
戯曲賞の価値を訴え、作品を残していくという意味を込めて、受賞作品の選評、選考経過及び受賞戯曲を掲載した本を翌年3月に出版予定です。

主催
大阪ガス(株)

運営
大阪ガスビジネスクリエイト(株)

応募先
〒550-0003
大阪市西区京町堀1-4-16 センチュリービル3F
大阪ガスビジネスクリエイト株式会社内
OMS戯曲賞事務局


※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣CBC
 ┣AbemaTV
 ┣TSUTAYA
 ┣SAIGATE
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣講談社
 ┣DLsite
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
sponsored link