シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


携帯ドラマアプリ『ワタシドラマ』ライター募集・企画コンペ

携帯ドラマアプリ『ワタシドラマ』シナリオライター募集・企画コンペ
携帯ドラマアプリ『ワタシドラマ』
シナリオライター募集・企画コンペ

締切:2017年4月24日(月) 19時まで
本募集の概要
株式会社ボルモでは、2017年7月にリリースを予定している携帯ドラマアプリ『ワタシドラマ』第4弾のシナリオライターを募集します。
本募集は「企画」コンペ形式となり、採用された方にのみシナリオの執筆をお願いします。
執筆いただくシナリオは15話完結想定で、初回の依頼では4話まで執筆していただきます。
このアプリのプレイ時間は1話10分程度、分岐を含めると分量はペラ(200字詰原稿用紙)換算で120枚前後になります。
4話リリース後、以降の執筆につきましても依頼させていただく予定です。

株式会社ボルモについて
株式会社ボルモは、株式会社ボルテージの100%子会社で、2016年7月に設立されました。
主にアニメやドラマのような映像表現を使い、ストーリーを展開するモーション型読み物アプリ「ワタシドラマ」を企画制作しています。
「ワタシドラマ」のプラットフォームでは、20代後半の女性をターゲットに、2016年10月に「婚活ガール」、2017年2月に「キラキラ女子大作戦」を配信し、現在第3弾のストーリー制作を行っています。また、今後も恋愛ドラマに限らず新しいストーリーを随時制作、追加していく予定です。

応募資格
ライターの仕事が未経験の方でも応募できます。
※映像・舞台作品の執筆経験がある方は優遇します。

枚数
200字詰め原稿用紙に換算して120枚前後。
※本募集は「企画コンペ形式」となり、採用された方にのみ執筆をお願いします。

募集企画の要件
・ターゲットは20代後半の独身女性となりますので、主人公はターゲットに近い女性(20代後半~アラサーの独身女性)としてください。
・大枠として、主人公が何らかのゴールを目指し、仕事・恋愛/結婚・家族・友情など、ゴールと相反するものに葛藤しながら、最終的にゴールを達成するドラマ性の高い企画にしてください。
・恋愛もの、お仕事ものなどジャンルは問いませんが、コメディタッチの企画でお願いいたします。必ずしもラブコメである必要はありませんが、恋愛要素は必須といたします。
・「ワタシドラマ」で配信中のストーリーのトーンを参考にしてください。
・時代設定は現代のみとさせていただきます。

募集要項
《応募資格》
ライターの仕事未経験者でも応募可。
映像・舞台の作品執筆経験がある方は優遇します。

《審査方法》
メールで提出された企画書類を審査後、必要に応じて面談の上、決定します。

《提出項目》
・A4 1枚以内の概要がわかる企画書。
※Word/PowerPoint等の形式は問いません。
※提出の際は以下の項目を必ず記載してください。
■仮タイトル(企画採用の際、改めて弊社と検討します)
■テーマ
■あらすじ
■主な登場人物の設定
■主人公のドラマにおけるゴールと葛藤要素
■舞台
■ベンチマーク作品(参考にする作品)1点以上
■ポートフォリオ(過去の制作物等)データ形式
■プロフィール(履歴書もしくは職務経歴書)データ形式
※データはWord/Excel/PDFいずれかでお願いします。
■最近見ておもしろかった映画・ドラマを10作品程度箇条書
※感想などは不要です。
■本募集を知った媒体名

《提出期限》
2017年4月24日(月) 19時まで

《備考》
▼こんなシナリオを求めています。
・小説のような形態でなく、映像シナリオや舞台の台本のような形態。
・セリフや選択肢・葛藤のおもしろさがあり、テンポの良いシナリオ。

▼こんなライター様を募集しています。
・アプリ内の表現制限のご認識、選択肢や葛藤のおもしろさを追求して下さる方。
・ゲーム内のキャラクターの動き方のイメージがある方。
・説明っぽくないセリフやそのテンポが得意な方、舞台シナリオのご経験がある方。

ゲームの概要
・主人公=ユーザーとなり、夢や目標(ストーリーのゴール)を達成する、自分主体型ストーリーです。
・ユーザーはストーリーを進めるにあたり(ゴールに近づくために)選択肢を選び葛藤します。
・選択肢によって、ストーリーの展開が変化します(特別な選択肢は課金対象となります)。
・ターゲットは女性ですが、必ずしも恋愛ドラマアプリ/乙女ゲームではありません。

《特徴と注意点》
・主にセリフ、人物の感情表現(リアクション)、人物の出入りからなります(テロップ可)。
・アプリで出来る表現には制限があるため、映像・舞台シナリオに比べて、ある程度表現の幅は限定されております。
(例)背中を向くことができない、など。
・カメラの移動、クローズアップは可能です。

応募方法/提出先
メールでの応募となります。
下記アドレスまで提出データを添付してご応募ください。

《提出先メールアドレス》
info@volmo.co.jp

結果通知/スケジュール
応募時に添付していただく書類選考後、面談させていただきたい方のみメールにてご連絡します。
※ご応募順に選考開始し、遅くとも5月8日(月)までにご連絡します。

《スケジュール》
ライター決定後、5月上~中旬頃より舞台・キャラクター設定の詳細決定、5月中旬より執筆開始の予定です。
執筆期間は4週間程度を予定しています。



4月24日:応募受付終了
5月8日頃まで:採用の方へ連絡
5月上旬:舞台・キャラクター設定詳細決め
5月中旬~6月上旬:シナリオ4話執筆・完納
7月下旬 (仮):「ワタシドラマ」アプリ内にて配信

業務内容/執筆料など
採用された企画アイデアを元に、ディレクターとともに企画内容をブラッシュアップしていただきます。その後、大枠および各話のプロットを制作し、シナリオの執筆をお願いいたします。ゲーム要素として、ストーリー中での選択肢の挿入などもご依頼します。

執筆料は、1話につき15,000~40,000円(※実績により応相談)+企画料10万円(一律/初回のみ)を想定しています。
※採用された企画がそのまま配信されるわけではなく、アプリのトーンに合うようにプロデューサー・ディレクターとともにブラッシュアップして配信しますので、予めご了承ください。
※採用された企画及びシナリオの著作権、公衆送信権などすべての権利は株式会社ボルモに帰属するものとします。また著作者人格権等の一切の権利も行使しないものとします。
※ライター様のお名前またはペンネームを、アプリ内でご紹介させていただきます。

主催
株式会社ボルモ



「感情」から書く脚本術

OMS戯曲賞/大阪ガス

OMS戯曲賞/大阪ガス
第24回 OMS戯曲賞
応募期間:2017年2月20日~4月10日 当日消印有効
入賞賞金
大賞30万円(1名)
佳作10万円(1名)
※原則として、大賞受賞作品を受賞翌年度の3月末日までに再演する場合には、追加で50万円を助成します。

OMS戯曲賞とは
OMS戯曲賞は、扇町ミュージアムスクエア(OMS)10周年記念事業の一環として1994年に創設しました。
次代を担う新たな劇作家の発掘と同時に、既に評価のある中堅劇作家への刺激も兼ねて、過去に受賞歴のある作家も選考の対象にしており、関西発信の戯曲賞として全国的に注目を集めています。
前年に書き下ろし上演された作品を対象に、大賞、佳作をそれぞれ1本ずつ選び、受賞作(大賞・佳作)と選評、選考過程を収録した本を出版します。
また、第1回~7回までの大賞受賞作は、OMSプロデュースとして公演を行いました。
主催は、第10回(03年)までは大阪ガスグループの(株)アーバネックスが、第11回(04年)からは大阪ガス(株)が行っています。
事務局の運営は、第11回(04年)までは大阪ガスグループの(株)プラネットワークが、第12回(05年)からは大阪ガスビジネスクリエイト(株)が行っています。

応募規約/応募資格
●関西二府四県に在住、または関西を主たる活躍の場とする劇作家で、募集前年の1月から12月までに書き下ろしのうえ、上演された作品に限ります。
●旧作品の改訂版および同年度に他の戯曲賞に応募された作品は対象となりません。
●一人一作品に限ります。他の戯曲賞を受賞した作家も資格はあります。
●年齢、性別、国籍等は一切問いません。
●応募作品が候補作品となった場合は、入選発表までの期間に当ホームページにて閲覧に供するものとします。その際は、応募作品のテキストデータ(ワード形式)を提出いただきます。受賞作品の著作権は原著者(作者)に帰属しますが、出版権は出版から1年間は発行元に帰属します。
●他の作品より引用した場合は、その作品名および引用箇所を明記してください。

応募書類
●戯曲3部
 手書きでもかまいませんが、清書のうえ送付してください。
 枚数の制限はありません。印刷された作品はそのままでも可。
●劇団のプロフィール
 上演記録
●作家個人のプロフィール
 氏名(ペンネームの方は本名も)、住所、電話番号は必須。
 年齢、略歴、などを明記してください。
●上演時のチラシ
●上演時の企画書
 スタッフ、キャスト等を明記したもの
※お預かりした個人情報は、事務局にて適切に管理し、賞の選考および事務局からの案内・連絡以外の目的には使用いたしません。

入選発表
2017年11月中旬~12月中旬(予定)
※決定次第ホームページ上にて発表。

選考委員
生田 萬(劇作家)
佐藤 信(劇作家)
鈴江 俊郎(劇作家)
鈴木 裕美(演出家)
渡辺 えり(劇作家)

出版
戯曲賞の価値を訴え、作品を残していくという意味を込めて、受賞作品の選評、選考経過及び受賞戯曲を掲載した本を翌年3月に出版予定です。

主催
大阪ガス(株)

運営
大阪ガスビジネスクリエイト(株)

応募先
〒550-0003
大阪市西区京町堀1-4-16 センチュリービル3F
大阪ガスビジネスクリエイト株式会社内
OMS戯曲賞事務局


※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



「感情」から書く脚本術

描けない人の為の漫画コンテスト/upppi

描けない人の為の漫画コンテスト/upppi

【描けない人の為の漫画コンテスト】 
締切:2016年4月26日(火) 13時まで


《入賞賞金》
大賞(1本):5万円+タテコミ化&電子配信
佳作(2本):1万円相当の粗品



■募集作品
読み切り(1話完結)を想定したタテコミ(漫画)の元ネタとなる下記の何れか1形式。
●小説
●シナリオ
●ネーム

■応募資格
・プロ、アマ問わず応募可能です。
・1人何作品でも応募可能です。
・商業(商業誌・商業電子書籍)未発表のオリジナル作品に限ります。
・過去に他コンテストへ応募した作品、他コンテストへ応募中の作品は不可とします。
※他コンテスト落選作品をベースに改稿した作品は、この限りではありません。
※投稿者自身の管理するホームページ・blog等へ応募作品を掲載する場合は、無断転載行為との混同を避けるため必ずupppi作品ページへのリンクを添えてください。

■原稿規定/応募規定
《小説・シナリオ形式の場合》
8,000字以上20,000文字以内のテキスト、もしくはEPUB

《ネーム形式の場合》
70コマ以上100コマ以内のタテコミネーム(棒人間でも可)
※ファイル形式はJPG形式とします。
※コマのカウント方法については、こちらのタテコミ見本作品でご確認ください。
※画像の横幅は統一するものとします。

・作品は全年齢向けであるものとします。年齢制限基準は作品ガイドライン【作品閲覧の年齢制限】をご参照ください。
・作品は「無料で公開」されているものが審査対象となります。
・作品募集期間内は作品の改訂を可とします。(公式サイト参照)
・upppi利用規約及び作品ガイドラインを順守するものとします。
・作品表紙を設定する際はコンテンツガイドライン【作品表紙に関する規定】を順守して下さい。
以上の規定を満たす作品を、募集期間内にupppiへ投稿してください。

■応募方法
《参加方法》
upppiのアカウントを取得し、募集期間内に規定を満たす作品を投稿してください。
②投稿時、必ずコンテスト参加設定の項目から"描けない人の為の漫画コンテスト"を選択してください。コンテスト専用のタグが付与されます。また、この時作品の公開状態は“誰でも閲覧可”にしてください。
③募集期間終了時、上記タグがついている作品を審査対象といたします。
この際、規定を満たしていない作品は審査対象から外されますので、必ず事前に規定の確認をしてください。

《募集期間》
・2016年2月25日から2016年4月26日13時00分までに投稿された、上記タグの付与された作品を選考対象とします。
・作品募集期間内は、読者コメント等を参考に何度でも作品を改訂出来るものとします。なお、選考は作品募集期間終了時点での各作品最新版にて実施します。

■審査日程
募集期間:2016/2/25 10:00:00 ~ 2016/4/26 13:00:00
選考期間:2016/4/27 ~ 6月予定
結果発表・6月予定
※作品募集期間内に限り何度でも作品を改訂可能です。

■タテコミ化&電子配信について
大賞作品はタテコミ化され、Renta!で配信予定です。

■選考方法
・審査員選考
審査員は株式会社ネオアルドのスタッフが務めます。

■会員登録と作品投稿について
・upppiのご利用には会員登録(無料)が必須となります。未登録の方は、以下のリンクから登録をお願いいたします。
・登録はメールアドレスとニックネームのみで可能です。

※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。
icon公式サイトの募集要項を見る



「感情」から書く脚本術
締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
本当に売れる脚本術

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣PAP企画
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link