シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


月刊シナリオ 2018年 3月号 (2月5日発売)

月刊シナリオ 2018年 3月号

月刊シナリオ 2018年 3月号

掲載シナリオ
『リバーズ・エッジ』
脚本:瀬戸山美咲
原作:岡崎京子
監督:行定勲
出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵

《作品について》
1993年に雑誌「CUTiE」で連載されていた岡崎京子の同名漫画を、行定勲監督のメガホン、二階堂ふみ、吉沢亮の出演で実写映画化。女子高生の若草ハルナは、元恋人の観音崎にいじめられている同級生・山田一郎を助けたことをきっかけに、一郎からある秘密を打ち明けられる。それは河原に放置された人間の死体の存在だった。ハルナの後輩で過食しては吐く行為を繰り返すモデルの吉川こずえも、この死体を愛していた。一方通行の好意を一郎に寄せる田島カンナ、父親の分からない子どもを妊娠する小山ルミら、それぞれの事情を抱えた少年少女たちの不器用でストレートな物語が進行していく。ハルナ役を二階堂、一郎役を吉沢がそれぞれ演じる。



『霊的ボリシェヴィキ』
脚本・監督:高橋洋
出演:韓英恵 巴山祐樹 伊藤洋三郎 南谷朝子 高木公佑

《作品について》
「リング」シリーズや「女優霊」など数多くのJホラー作品の脚本家として知られる高橋洋の監督作。1970年代に神道霊学研究家の武田崇元によって提言され、オカルト界で語り継がれてきた概念「霊的ボリシェヴィキ」をテーマに描く恐怖心霊映画。集音マイクがそこかしこに仕掛けられた奇妙な施設に、かつて「あの世」に触れたことのあるという、7人のゲストと呼ばれる男女が集められる。その中のひとり、由紀子は過去に神隠しにあった経験があった。その施設は霊気が強すぎるためデジタル機器が機能しないため、録画のためにアナログテープが回され、そこにゲストたちによる恐怖の心霊実験の模様が記録されていく。

▶インタビュー
高橋洋 〜20年ぐらい引きずった憑き物でした〜



『名前のない女たち〜うそつき女〜』
脚本:加瀬仁美
原作:中村淳彦
監督:サトウトシキ
出演:吹越満 城アンティア 円田はるか 笠松将 小南光司 川瀬陽太 クノ真季小 不二子 吉岡睦雄

《作品について》
中村淳彦によるノンフィクション書籍「名前のない女たち 貧困AV嬢の独白」をベースに、「ピンク四天王」の1人として知られるサトウトシキ監督がAV業界で生きる男女を描いた群像劇。「冷たい熱帯魚」の吹越満が主人公のルポライターを演じる。主にAV女優を専門に取材をしていたルポライターの志村篤。「人前で裸になってセックス売ってるだけの社会の底辺」とAV女優たちを内心ではバカにしつつも、彼女たちの前では「尊敬している」などとうそぶく。心の底では見下しているAV女優たちになぜ自分は執着するのかという矛盾を抱えながら、志村は取材を続けていた。そんな中で志村が出会った企画AV女優の前田葉菜子は、今まで出会った女優たちと何かが違っていた。一方で、高校を中退して時間をもてあましていた葉菜子の妹・明日香が葉菜子に会うために親に内緒で田舎から東京に出てきてしまう。

▶作者ノート
加瀬仁美 「名前のない女たち〜うそつき女〜」



『怪猫トルコ風呂』
脚本:掛札昌裕 中島信昭
監督:山口和彦
出演:谷ナオミ 大原美佐 室田日出男 殿山泰司 真山知子 東てる美 山城新伍

《作品について》
現代の風俗であるソープランドを舞台に“化け猫”を持ち込んだ怪奇ポルノ映画。脚本は「女必殺拳 危機一発」の掛札昌裕と「衝撃!売春都市」の中島信昭、監督は「女必殺拳 危機一発」の山口和彦、撮影は「任侠花一輪」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

▶作者ノート
掛札昌裕 「怪猫トルコ風呂」覚書

連載
佐伯俊道 終生娯楽派の戯言
第63回番外編 脚色ってなんなのさ?2

吉田伊知郎 シナリオ評
『霊的ボリシェヴィキ』

武田ゆい 映画はなかなか捕まらない
第5回 映画はなかなか動いてくれない
『ミッドナイト・バス』『ピンカートンに会いにいく』

情報
第27回新人シナリオコンクール
特別賞 大伴昌司賞 第1次審査発表

シナリオボックス

《作家通信》
木村文洋
小西啓介
春本雄二郎
藤井道人
藤村明世

月刊シナリオ 2018年 3月号



「感情」から書く脚本術

月刊シナリオ 2018年 2月号 (1月4日発売)

月刊シナリオ 2018年 2月号

月刊シナリオ 2018年 2月号

掲載シナリオ
『嘘八百』
脚本:足立紳 今井雅子
監督:武正晴
出演:中井貴一 佐々木蔵之介 友近 森川葵 前野朋哉 堀内敬子

《作品について》
中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務め、「幻の利休の茶器」をめぐって繰り広げられる騙し合いを軽妙に描いたコメディドラマ。千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺。大物狙いだが空振り続きの古物商・小池則夫は、腕は良いのに落ちぶれてしまった陶芸家・野田佐輔と出会う。大御所鑑定士に一杯食わされた2人は、仕返しのため「幻の利休の茶器」を仕立て上げて一攫千金を狙う。そんな彼らの行動が、家族や仲間、文化庁までも巻き込む大騒動に発展し……。共演にお笑い芸人の友近、「渇き。」の森川葵ほか。「百円の恋」の監督・武正晴と脚本・足立紳が再タッグを組み、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子も参加。

▶「嘘八百」脚本・監督座談会
武正晴×今井雅子×足立紳
〜作り手と登場人物の思いが重なった〜

▶プロダクション・ノート
榎望 笑われたい


『ミッドナイト・バス』
脚本:加藤正人
監督:竹下昌男
原作:伊吹有喜
出演:原田泰造 山本未來 小西真奈美 遠藤雄弥 渡辺真起子

《作品について》
第27回山本周五郎賞と第151回直木三十五賞の候補となった伊吹有喜による同名小説を、「ネプチューン」の原田泰造による主演で映画化。新潟と東京を行き来する深夜高速バスの運転手を主人公に、バラバラになっていた家族の再出発を描いた人間ドラマ。長距離夜行バスの運転手・高宮利一が運転するバスに、16年前に別れた妻・美雪が偶然、客として乗車してくる。美雪は、怪我をした父の面倒を見るため東京から新潟へ通っているという。また、利一と美雪の息子・怜司と娘・彩菜も、それぞれの理由で故郷の新潟で過ごす時間が増えていた。図らずも新潟で時を過ごすことが増えた元家族の4人は、それぞれの心に向き合うこととなる。主人公・利一を原田が演じ、元妻の美雪役で山本未來、利一の現在の恋人・志穂役で小西真奈美が共演。息子・怜治は七瀬公、娘・彩菜は葵わかなが演じている。

▶創作ノート
加藤正人 「ミッドナイト・バス」



『首』
脚本:橋本忍
監督:森谷司郎
原作:正木ひろし
出演:小林桂樹 南風洋子 鈴木治夫 小川安三 佐々木孝丸

▶「脚本家で観る日本映画史〜名作からカルトまで〜全5回」開催
田中貴大 ありそうでなかった「脚本家で観る日本映画史」

連載
佐伯俊道 終生娯楽派の戯言
第62回 番外編 脚色ってなんなのさ?

吉田伊知郎 シナリオ評
『首』

長津晴子 シナリオセミナー シナリオ通信講座
誌上講座
登場人物は<生身の人間>になっているか。

武田ゆい 映画はなかなか捕まらない
第4回 傑作—『映画かいけつゾロリ ZZのひみつ』

情報
シナリオボックス

《作家通信》
今関あきよし
ウエダアツシ
内田英治
太田慶
坂下雄一郎
サトウタツオ
瀬戸山美咲
中村哲平
平谷悦郎
友池一彦

月刊シナリオ 2018年 2月号



「感情」から書く脚本術
締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣SAIGATE
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣PAP企画
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link