シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
管理人のTwitter(@scenarionavi)では、募集中のコンクールや審査結果、脚本術やドラマ・映画製作に関する情報を定期的につぶやいています。


月刊シナリオ 2018年 8月号 (7月3日発売)

月刊シナリオ 2018年 8月号

月刊シナリオ 2018年 8月号

掲載シナリオ
『菊とギロチン』
脚本:相澤虎之助 瀬々敬久
監督:瀬々敬久
出演:木竜麻生 東出昌大 寛一郎 韓英恵 渋川晴彦 山中崇 井浦新

《作品について》
「64 ロクヨン」の瀬々敬久監督が、「ヘヴンズ ストーリー」以来8年ぶりとなる自身のオリジナル企画として手がけた青春群像劇。大正末期、人びとが閉塞感にあえぐ関東大震災直後の日本。ある日、東京近郊に女力士たちに交じって、元遊女などワケあり娘が集う女相撲の一座「玉岩興行」がやって来る。新人力士の花菊は、夫の暴力に耐えかねて家出をして女相撲に加わり、「強くなって自分の力で生きたい」という一心で厳しい練習を重ねていた。興行当日、会場には師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺害され、その復讐を画策するためにこの地に流れ着いた中濱鐵と古田大次郎らアナキスト・グループ「ギロチン社」の若者たちの姿があった。「格差のない平等な社会」を標榜する彼らは、女力士たちの戦いぶりに魅了され、彼女たちと行動を共にするようになる。新人力士・花菊役の木竜麻生のほか、東出昌大、寛一郎、韓英恵らが出演。ナレーションを永瀬正敏が務める。

▶インタビュー
瀬々敬久+相澤虎之助
自分が映画を志した頃作りたかった青春映画に近い



『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』
脚本:足立紳
監督:湯浅弘章
出演:南沙良 蒔田彩珠 萩原利久 山田キヌヲ 奥原薫

《作品について》
漫画家・押見修造が実体験をもとに描いた同名コミックを、「幼な子われらに生まれ」の南沙良と「三度目の殺人」の蒔田彩珠のダブル主演で実写映画化した青春ドラマ。上手く言葉を話せないために周囲となじめずにいた高校1年生の大島志乃は、同級生の岡崎加代と校舎裏で出会ったことをきっかけに、彼女と一緒に過ごすように。コンプレックスから周囲と距離を置き卑屈になっていた志乃だが、加代にバンドを組もうと誘われて少しずつ変わっていく。やがて、志乃をからかった同級生の男子・菊地が強引にバンドに加入することになり……。林海象監督や押井守監督のもとで助監督を務めてきた湯浅弘章監督が長編商業映画デビューを果たし、「百円の恋」の足立紳が脚本を手がけた。

▶創作ノート
足立紳  加代ちゃんのこと



『男ありて』
脚本:菊島隆三
監督:丸山誠治
出演:志村喬 夏川静江 岡田茉莉子 伊東隆 三船敏郎 藤木悠 清水元 清水将夫

《作品について》
脚本は「不滅の熱球」の菊島隆三が書き卸し、「君死に給うことなかれ」の丸山誠治が監督に、「浮雲」の玉井正夫が撮影にあたる。主なる出演者は「ゴジラの逆襲」の志村喬、「天下泰平」の三船敏郎、「浮雲」の岡田芙莉子、「泉へのみち」の藤木悠のほか、夏川静江、清永将天、清水元などで、試合場面には中日ドラゴンス・ダイアモンズ選手が出場している。

▶解説
横幕智裕  「男ありて」〜普遍のテーマを名脚本家はどう描いたか〜

特別企画 《今地方発映画を創る》
安田真奈インタビュー
〜ご当地映画の新しい手法〜

矢城潤一
〜横須賀発「スカブロ」リージョナルムービーへの挑戦〜

連載
佐伯俊道 終生娯楽派の戯言
第68回 青春の後姿を、みな忘れてしまう……のだろうか

吉田伊知郎 シナリオ評
『菊とギロチン』

シナリオセミナー シナリオ通信講座/誌上講座
吉川次郎
脚色とオリジナリティー

情報
シナリオボックス

《作家通信》
伊藤彰彦
枝優花
古澤健
ジョン・ウィリアムズ
中尾浩
松居大悟

《コンクール》
第28回新人シナリオコンクール
特別賞 大伴昌司賞 作品募集

月刊シナリオ 2018年 8月号



月刊シナリオ 2018年 7月号 (6月4日発売)

月刊シナリオ 2018年 7月号

月刊シナリオ 2018年 7月号

掲載シナリオ
『空飛ぶタイヤ』
脚本:林民夫
監督:本木克英
原作:池井戸潤
出演:長瀬智也 ディーン・フジオカ 高橋一生 深田恭子 寺脇康文 小池栄子 佐々木蔵之介

《作品について》
テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名ベストセラー小説を、長瀬智也主演で新たに映画化。ある日トラックの事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社社長、赤松徳郎が警察から聞かされたのは、走行中のトラックからタイヤが突然外れたという耳を疑う事実だった。整備不良を疑われ、世間からもバッシングを受ける中、トラックの構造自体の欠陥に気づいた赤松は、製造元であるホープ自動車に再調査を要求する。しかし、なかなか調査が進展を見せないことに苛立った赤松は、自ら調査を開始。そこで赤松は大企業によるリコール隠しの現実を知ることとなる。長瀬が主人公の赤松役を演じる。監督は「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英。



『焼肉ドラゴン』
脚本・監督:鄭義信
原作:戯曲「焼肉ドラゴン」(作・鄭義信)
出演:真木よう子 井上真央 大泉洋 桜庭ななみ 大谷亮平 イ・ジョンウン キム・サンホ

《作品について》
「血と骨」など映画の脚本家としても活躍する劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲「焼肉ドラゴン」を映画化。高度経済成長と大阪万博に沸く1970年代。関西のとある地方都市で小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む夫婦・龍吉と英順は、静花、梨花、美花の3姉妹と長男・時生の6人暮らし。龍吉は戦争で故郷と左腕を奪われながらも常に明るく前向きに生きており、店内は静花の幼なじみの哲男ら常連客たちでいつも賑わっていた。強い絆で結ばれた彼らだったが、やがて時代の波が押し寄せ……。店主夫婦を「隻眼の虎」のキム・サンホと「母なる証明」のイ・ジョンウン、3姉妹を真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、長女の幼なじみ・哲男を大泉洋がそれぞれ演じる。



『カメラを止めるな!』
脚本・監督:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋

《作品について》
映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざま挑戦に満ちた野心作。「37分ワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描く。監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」などに参加してきた上田慎一郎。とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画の撮影をしていたが、そこへ本物のゾンビが襲来。ディレクターの日暮は大喜びで撮影を続けるが、撮影隊の面々は次々とゾンビ化していき……。2017年11月に「シネマプロジェクト」第7弾作品の「きみはなにも悪くないよ」とともに劇場で上映されて好評を博し、18年6月に単独で劇場公開。

▶創作ノート
上田慎一郎  「カメラを止めるな!」

連載
佐伯俊道 終生娯楽派の戯言
第67回 犯罪は駆け足でやってくる…のだろうか?

吉田伊知郎 シナリオ評
『孤狼の血』

武田ゆい 映画はなかなか捕まらない
第8回 あなたは、彼が犯ったのを見ましたか?
——『友罪』、再び『羊の木』

シナリオセミナー シナリオ通信講座/誌上講座
那須真知子
短編が書けるなら、長編も書ける

情報
シナリオボックス

《作家通信》
いまおかしんじ
金沢知樹
桐生コウジ
じんのひろあき
中川龍太郎
秦建日子

《コンクール》
第28回新人シナリオコンクール
特別賞 大伴昌司賞 作品募集

月刊シナリオ 2018年 7月号



締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣TSUTAYA
 ┣SAIGATE
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣PAP企画
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link