シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
管理人のTwitter(@scenarionavi)では、募集中のコンクールや審査結果、脚本術やドラマ・映画製作に関する情報を定期的につぶやいています。


ブックショートアワード/Book Shorts

ブックショートアワード/Book Shorts
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
第5回 ブックショートアワード
9月期 募集期間:2018年9月1日(土)~ 9月30日(日)

※2018年度の募集期間は8月期~3月期に分かれています。
■8月期:2018年8月1日(水)~8月31日(金)
■9月期:2018年9月1日(土)~9月30日(日)
■10月期:2018年10月1日(月)~10月31日(水)
■11月期:2018年11月1日(木)~11月30日(金)
■12月期:2018年12月1日(土)~12月31日(月)
■1月期:2019年1月1日(火)~1月31日(木)
■2月期:2019年2月1日(金)~2月28日(木)
■3月期:2019年3月1日(金)~3月31日(日)
入賞賞金
大賞:100万円
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2019での表彰
ショートフィルム化
※大賞は全優秀作品のなかから1作品選定します。

優秀賞:ブックショートサイトに作品の全文を掲載
原作開放プロジェクトへのエントリー

ジャンル
ショートフィルムの原作となる短編小説

原作開放プロジェクトについて
ブックショートは、短編小説とショートフィルムの橋渡しをする企画を実施中です。2014,15年度に優秀作品に選ばれた作品、そして、今後優秀作品に選ばれる作品のうち、本企画にご参加いただける方の短編小説をショートフィルムの原作として映像製作者に開放するプロジェクトです。ショートショート フィルムフェスティバル & アジアの「オフィシャルコンペティション」「地球を救え!部門」「CGアニメーション部門」の応募者が、みなさまの書いた短編小説を原作としてショートフィルムを製作することを可能にします。これまでは、大賞受賞作一作のみがショートフィルム化されるという狭き門でしたが、今年度からその門戸を一気に開き、応募作品が映像化されるチャンスを大きく広げます。映像製作者とのコラボレーションによってブックショートをさらに盛り上げ、みなさまの才能を世に出していきたいと考えています。

2018年度 テーマ
おとぎ話や昔話、民話、小説(※)などをもとに創作したショートストーリー。
アレンジやスピンオフ、新釈作品。
パブリックドメインの作品に限ります。

文字数
1,000字以上10,000字以内

応募資格
プロ・アマ・年齢・性別・国籍は問いません。

応募規定
  • 応募者のプロ・アマ・年齢・性別・国籍は問いません。
  • 日本語による自作の未発表原稿(同人誌は可)、横書き原稿に限ります。本編の前に、作品タイトル、元にした作品のタイトル、著者名、140文字以内のあらすじ、文字数を記載してください。
    モデル原稿はこちらを参照
  • 応募フォームに必要事項を入力してください。(入力に不備のある場合、選考対象外となる場合があります。)
  • 作品は、電子ファイル(Microsoft Word)のみ受付けます。郵送、持ち込みでの応募は受け付けておりません。
  • 応募作品の差し替え、修正は受け付けません。
  • 応募作品数の制限はありません。お一人様何作品でもご応募いただけます。
応募方法
公式サイトの専用応募フォームから応募してください。
※郵送、持ち込みでの応募は不可。

結果発表
  • 各期ごとに優秀作品を選定し、各期の締め切り約1ヶ月後に当サイト上にて発表、作品を掲載します。
  • 大賞作品は全8期の優秀作品のなかから選考、1作品を選定します。
  • 大賞受賞者は2019年6月開催予定のショートショート フィルムフェスティバル & アジア2019にて表彰します。
注意事項
  • 審査に関するお問合わせには一切応じられません。
  • 他の文学賞等との重複投稿はご遠慮ください。
  • 応募作品に、著作権存続作品からの盗用、模倣などの不正行為が判明した場合は、授賞を取り消す場合があります。
  • 実在する企業や人物など第三者の肖像権、著作権、商標権その他権利を侵害していない作品に限ります。
  • ご応募された作品の内容に関するトラブル等につきましては、ご応募者様の費用と責任で解決いただきますようお願い申し上げます。Book Shortsは、かかる応募作品の内容に関するトラブル等につきまして、一切の責任を負いません。
著作権・二次利用権
  • 著作権は著作者に属します。
  • 優秀作品に選ばれた作品は当サイト上に掲載します。
  • 受賞作品の書籍化、映像化、音声化、海外翻訳など、応募作品を二次的に利用する権利(および第三者に二次的に利用させる権利)は、Book Shortsが独占的に持つことになります。
主催
ショートショート実行委員会

応募先
公式サイトの専用応募フォームに必要事項を入力し、作品ファイル(Microsoft Word)を添付してご応募ください。
※郵送、持ち込みでの応募は不可。

※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



さぬき映画祭 シナリオコンクール

さぬき映画祭 シナリオコンクール
さぬき映画祭 第3回シナリオコンクール
締切:2018年10月31日(水) 必着
入賞賞金
大賞(1点):10万円
優秀賞(数点):2万円

当コンクールについて
映画監督やシナリオライターなど、映画・映像に携わる才能を発掘するとともに、地域文化の振興及び香川の活性化を図るため、香川県在住者等を対象に映像作品のシナリオを募集します。
初めてシナリオを書く人、自分の力を試したい人、プロを目指している人など、経験は問いません。
自由な発想で作り上げた「あなただけの作品」をお待ちしております!

応募資格
  • 香川県在住者または香川県出身者であること
  • 15歳以上であること(2018年4月1日現在)
  • プロを除く
テーマ
「自由」
テーマに制限はありません。
ただし、応募者によるオリジナルの作品で、未発表のものに限ります。
シナリオ(脚本)ではない、小説やプロット等の作品は対象外となります。

応募書類
「応募用紙」、「企画書」、「シナリオサンプル用紙」を公式サイトよりダウンロードして、必要事項を記入の上ご応募ください。

※シナリオサンプル(①発端部 ②展開部 ③クライマックス ④結末部)は各シーン600~800字程度。
※「企画書」「シナリオサンプル」については、手書き、PCを問わず、様式にある必要事項、字数等が守られていれば様式は問いません。

一次審査通過者には、二次審査までに全体のシナリオを提出していただきます。(200字詰め用紙換算で60~120枚)

審査の流れ
応募書類の提出/2018年10月31日(水) 必着

一次審査/2018年11月

一次審査通過者はシナリオを作成して提出
(200字詰め用紙換算で60~120枚)

二次審査・結果発表/2019年2月

審査員
《審査員長》
中島貞夫(映画監督)
立命館大学客員教授。東京大学文学部美学美術史学科卒業。
平成17年度からのさぬき映画祭「映像塾」シナリオ講座講師のほか、「映像作品企画募集」の審査員を務めるなど、香川県との関わりも深い。香川県文化功労者。
代表作に映画「木枯し紋次郎」、「日本の首領」シリーズ、「極道の妻たち」シリーズほか、テレビドラマ「大奥」(1968~1969年)、「警視庁殺人課」(1981年)ほか。

《一次審査員》
大津一瑯(シナリオライター)
橋本一仁(さぬき映画祭実行委員会委員長) ほか

《二次審査員》
中島貞夫(映画監督)
井上隆史(東京藝術大学特任教授)
大津一瑯(シナリオライター) ほか

注意事項
応募に当たっては、次の注意事項を厳守してください。
  • ご応募は1人につき、1作品とさせていただきます。複数作品のご応募は、いただけません。
  • 応募された原稿は返却いたしませんので、御了承ください。
  • 応募作品の著作権は応募者に帰属するものとしますが、主催者は、広報などに必要な場合は応募作品を使用できるものとします。このほか、作品の利用について疑義が生じれば、その都度協議するものとします。
  • 応募者の個人情報は、応募者への連絡、審査等にのみ使用し、第三者に提供することはありません。
  • 審査内容に関するお問い合わせは、御遠慮ください。
応募先/お問い合わせ先
〒760‐8570 香川県高松市番町4‐1‐10
さぬき映画祭実行委員会事務局(香川県文化振興課内)
シナリオコンクール担当

MAIL: info@sanukieigasai.com
TEL:087-832-3782 /FAX:087-806-0238

※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣TSUTAYA
 ┣SAIGATE
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣PAP企画
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link