シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター・脚本家・作家・映画監督・演出家を目指す人向けのサイトです。
映画、TVドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、絵本、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイド。
管理人のTwitter(@scenarionavi)では、募集中のコンクールや審査結果、脚本術やドラマ・映画製作に関する情報を定期的につぶやいています。


八王子ShortFilm映画祭

八王子ShortFilm映画祭
第7回 八王子Short Film映画祭 作品募集
一般の部 締切:2019年5月31日(金) 必着
八王子Short Film映画祭について
本映画祭は、名もない新人映画人たちの登龍門として、未来の巨匠を夢見る若者たちが集い来る「祭典」を目指すものです。

『一般の部』では「出会い」「愛」「結婚」をテーマ(左記のいずれか1つを満たしていること)にオリジナルプロットを募集し、実行委員会で選ばれた6人の監督に制作資金を援助し、実際に映像化して頂きます。

『学生の部』では「出会い」「愛」「結婚」をテーマ(左記のいずれか1つを満たしていること)とした、オリジナル作品を募集致します。

応募資格
《一般の部》
監督が本映画祭開催時(2019年12月8日)に参加できること。
監督が過去にその他映画祭で受賞経験を有すること。

《学生の部》
作品製作時に監督が学生であり、2020年度卒業見込みあるいは在学であること。
応募時点で他の映画祭、コンペティション等で最高賞に値する賞を受賞していない作品であること。
監督が本映画祭開催時(2019年12月8日)に参加できること。

テーマ
「出会い」
「愛」
「結婚」

募集要項(一般の部/学生の部)
    《一般の部/募集要項》
  1. 「出会い」「愛」「結婚」をテーマ(左記のいずれか1つを満たしていること。八王子を舞台とすること)にオリジナルプロットを募集し(400字以内)、実行委員会で選ばれた6人の監督に制作資金を補助し、実際に映像化して頂きます。
    また結婚式場を使用する際のロケ地や衣装などは、八王子日本閣が協力させて頂きます。
  2. 制作した作品は第7回八王子Short Film映画祭にて上映致します。
    映画祭当日は映画・映像等に造形の深い審査委員の方々に作品の審査をして頂き、グランプリ、準グランプリの各賞を決定致します。
    《一般の部/応募条件》
  1. 映像化した際に15分程度となる短編映画のプロットであること。
  2. プロットはA4で2枚程度にまとめること。(フォーマットあり)
  3. 未だ映像化されていないオリジナル作品であること。
  4. 実写、CG、アニメーション等は問わない。
  5. 映画祭実行委員会から補助する制作資金は30万円とする。
  6. 応募締切は2019年5月31日必着とする。
  7. 監督が本映画祭開催時(2019年12月8日)に参加できること。
  8. 監督が過去にその他映画祭で受賞経験を有すること。
    《一般の部/応募の際に必要なもの》
  1. オリジナル作品プロット(A4で2枚程度)
    1枚目に「タイトル」「サブタイトル」「尺」「ジャンル」「登場人物一覧」「撮影ロケ地イメージ(例:アパートの一室、学校教室、結婚式場など)」を記載。
    2枚目よりプロット(400字以内)を記載したものをお送り下さい。
    ※公式サイトにあるプロット応募フォーマット(PDF)を参考にし、プロットを作成してお送り下さい。
  2. 監督フィルモグラフィー(賞歴や作品歴など一覧表にまとめたもの)
《一般の部/締切日》
2019年5月31日 必着

《一般の部/提出先》
公式サイトの募集要項をご確認ください。



    《学生の部/募集要項》
  1. 「出会い」「愛」「結婚」をテーマ(左記いずれか1つを満たしていること)にオリジナル短編映画を募集し、実行委員会で厳正なる審査を行い、作品を選出させて頂きます。
  2. 選出された作品は第6回八王子Short Film映画祭にて上映致します。当日は、映像・映画等に造詣の深い審査委員の方々に作品の審査をして頂き、グランプリ、準グランプリの各賞を決定致します。
    《学生の部/応募条件》
  1. 7分程度となる短編映画であること。
  2. 作品製作時に監督が学生であり、2020年度卒業見込みあるいは在学であること。
  3. 実写、CG、アニメーション等は問わない。
  4. 応募時点で他の映画祭、コンペティション等で最高賞に値する賞を受賞していない作品であること。
  5. 作品の著作権が応募者に帰属していること。
  6. 応募締切は9月30日とする。
  7. 監督が本映画祭開催時(2019年12月8日)に参加できること。
    《学生の部/応募の際に必要なもの》
  1. 作品素材
    ※DVDを2枚お送り下さい。
    ※一般のDVDデッキで再生できることを確認してください。aviなどの映像データや、ファイナライズされていないDVDは再生できない場合がありますので、ご注意ください。
    ※DVDディスクに、作品名、監督名を明記してください。
  2. 作品のあらすじ
    ※200字程度にまとめた物をお送り下さい。
  3. 監督プロフィール
    監督の氏名、年齢、学校名、専攻学科、学年、住所、電話番号、メールアドレス、受賞歴(無ければ「無し」で構いません)をA4で1~2枚にまとめてお送りください。
  4. 応募用紙
    公式サイトにある学生部門応募用紙(PDF)をダウンロードして印刷し、その他必要資料と共にお送り下さい。
《学生の部/締切日》
2019年9月30日 必着

《学生の部/提出先》
公式サイトの募集要項をご確認ください。

選考結果/審査の流れ
《一般の部/選考結果》
2019年6月中旬までに応募頂いたメールアドレスへ通知致します。

《一般の部/プロット審査後のスケジュールの流れ》
6月中旬  プロット審査結果通知
6月下旬  作品制作前面談&ロケハンなど
7月~10月 作品制作期間
10月31日  作品提出・予告編提出
12月2日  第7回八王子Short Film映画祭



《学生の部/選考結果》
10月上旬に実行委員会にて審査を行い作品を選出致します。
審査結果は10月31日までにご応募の際に頂いたメールアドレスへ通知致します。

注意事項(一般の部・学生の部 共通)
  • 応募作品の事務局到着までの間の紛失、破損、遅延などの事故に関しては、映画祭は一切の責任を負いません。
  • 応募期間内の消印で応募されても、予備審査が終了し、入選作品が決定するまでに事務局へ到着しなかった場合は選考対象外とします。
  • 応募時の記載内容に虚偽等があった場合や、事務局でその他違反などと判断した場合、入選や受賞を取り消すことがあります。
  • 応募作品について、映画祭はすべての媒体における映画祭の広報活動および映画祭関連のイベントの運営に必要な範囲において、応募作品の全体もしくはその一部、タイトル、製作者名等を複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳させて頂くことがあります。
  • 予備選考を通過した入選作品について、映画祭は、実行委員会を通じ、本編全編をテレビ放映する場合がありますが、その場合、出品者は予めこれを了承するものとします。
  • 作品に使用されている音楽はすべて作品のために創作されたオリジナル楽曲、もしくは著作権および著作隣接権が消滅している音源であることを確認してください。既存の楽曲の場合でも、著作者から許可をとられているのであれば問題はありません。著作権フリー音源を利用される場合には、音源提供元の利用規約に沿った利用をお願いいたします。
  • 作品中で肖像権その他の権利が生じる場合は、原著作者や被写体などから事前に承諾を得てください。
  • 第三者から著作権その他知的財産権に関して申し出等があった場合、映画祭は一切の責任を負いません。
応募先
「一般の部」はメール応募、「学生の部」は郵送での応募となります。
応募先のアドレスおよび住所は公式サイトの募集要項をご確認ください。

※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



ツタヤクリエイターズプログラム/TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM

ツタヤクリエイターズプログラム2019/TSUTAYA CREATORS´ PROGRAM 2019
TSUTAYA CREATORS' PROGRAM 2019

応募期間:2019年3月7日(木)~6月12日(水) 23時59分まで
TSUTAYA CREATORS'PROGRAM(TCP)とは?
TSUTAYA発の映像クリエイターと作品企画の発掘プログラム。
「本当に観たい映画作品企画」をプロ・アマ、年齢、性別、国籍など一切の制限なく募集。
2015年から始まったTCPは、今年で5年目を迎えました。
これまでに14作品が受賞作に選ばれ、2018年は2作品が全国の劇場で公開。
他の作品も映画化に向けて動き出しています。



グランプリ受賞副賞
  • 5,000万円超の総製作費をバックアップ
  • Tポイント50万ポイント
  • TSUTAYAプレミアム1年間使用権
  • 全国のTSUTAYA店舗でプロモーション実施
募集部門
  1. 企画部門 (企画書のみで応募)
  2. 監督部門 (企画書+映像作品で応募)
  3. 脚本部門 (企画書+脚本で応募)
応募部門によって審査内容や提出物などが変わります。
受賞後に映像化を行う際、原則は部門ごとに規定した役割をお願いさせていただきますが、詳細な担当範囲については制作体制ごとにご相談させていただきます。

応募資格
プロ・アマ、年齢、性別、国籍など一切の制限なし。

応募方法
応募期間中に公式サイトのWEBエントリーフォームからエントリー後、応募部門で指定された提出物をアップロードしてください。
※各部門に一企画のみ応募可能。別部門へ同一企画での重複応募はできません。

《応募の流れ》
▼STEP1
公式サイトにあるWEBエントリー(3部門共通)フォームからエントリーいただきます。
エントリーには、応募約款への同意が必要となります。公式サイトにある応募約款の内容をよくお読みください。

▼STEP2
WEBエントリーが完了すると、ご登録いただいたメールアドレスに「WEBエントリー受付完了メール」が自動送信されます。

▼STEP3
エントリー料の振込(3部門共通)をお願いします。1応募につき3,240円(消費税等込)のエントリー料がかかります。振込が確認できる明細等を保管してください。
※エントリー料の振込先は、公式サイトの応募要項でご確認ください。

▼STEP4
提出物を送付。
「WEBエントリー受付完了メール」に記載されている「データアップロード」先のURLにアクセスしパスワードを入力し、提出物をまとめたZIPファイルをアップロードしてご応募ください。
提出物は必ず1つのZIPファイルにまとめてアップロードしてください。(ファイルの容量は最大1GBまで)
アップロードするZIPファイルのタイトルは「応募ID+企画タイトル」にしてください。
アップロード方法についてはコチラでご確認ください。
※ご応募いただいた企画書、その他提出物については返却いたしませんので、ご了承ください。

STEP4のアップロードの完了をもって、応募の完了となります。
事務局からアップロード完了メール等はお送りいたしませんのでご留意ください。

各部門の応募要項と提出物
応募する部門によって応募要項と提出物が異なりますのでご注意ください。

▼企画部門
▼監督部門
▼脚本部門



《企画部門の応募要項》
企画部門では、企画書のみでご応募いただけます。
受賞した企画は、TSUTAYAが責任を持って映像化いたします。

《企画部門の募集内容》
映像化可能な作品の企画書を募集いたします。
実写の長編作品企画(60分以上)であれば、プロアマ、応募者の年齢、性別、国籍、学歴の一切の制限はございません。(但し、企画書は日本語のもの) 個人に限らず、チーム、プロジェクト、団体、法人でのご応募も可能です。 すでに公開や商用利用された、または今後公開や商用使用が決まっている企画、 もしくは第三者(法人含む)が権利を有する企画、特定の宗教や思想を勧奨あるいは誹謗中傷する企画、公序良俗に反する企画等はご応募いただけません。
(詳細は応募約款をご確認の上、ご応募ください)

《企画部門の提出物》
■企画書PDFデータ

※公式サイトから所定の応募用企画書をダウンロードし、アップロードしてください。
※応募用企画書フォーマット以外での応募は無効となります。
※ファイル名は「応募ID+企画タイトル」にしてください。
※パワーポイント版を使用される場合、PDFに変換してアップロードしてください。



《監督部門の応募要項》
監督部門では、企画書と過去映像作品、もしくは当該企画のパイロット映像でご応募いただけます。
受賞すると、当該企画の映像化において監督を担当いただきます。

《監督部門の募集内容》
映像化可能な作品の企画書を募集いたします。
実写の長編作品企画(60分以上)であれば、プロアマ、応募者の年齢、性別、国籍、学歴の一切の制限はございません。(但し、企画書は日本語のもの) 個人に限らず、チーム、プロジェクト、団体、法人でのご応募も可能です。 すでに公開や商用利用された、または今後公開や商用使用が決まっている企画、 もしくは第三者(法人含む)が権利を有する企画、特定の宗教や思想を勧奨あるいは誹謗中傷する企画、公序良俗に反する企画等はご応募いただけません。
(詳細は応募約款をご確認の上、ご応募ください)

《監督部門の提出物》
■企画書PDFデータ+映像作品※1(+脚本)※2

※1 映像作品とは演出がわかる15分以上の劇映画、もしくは当該企画に基づく15分以上のパイロット映像。監督以外の担当で参加した作品は不可です。
※2 受賞後の脚本も希望される方は、企画に基づいた脚本をご提出ください。その場合、脚本部門と同じ要項・形式(PDFデータ提出) でご提出ください。

※公式サイトから所定の応募用企画書をダウンロードし、アップロードしてください。
※応募用企画書フォーマット以外での応募は無効となります。
※ファイル名は「応募ID+企画タイトル」にしてください。
※パワーポイント版を使用される場合、PDFに変換してアップロードしてください。

①提出したい過去作品が、営利目的の映画・映像(劇場用映画、テレビドラマ、Vシネマ等。以下「商業映画といいます)の方
該当する作品をTSUTAYA DISCASで検索して、そのURLをエントリーフォーム所定欄にてお知らせください。(1作品のみ)

② ①以外の方、もしくはTSUTAYA DISCASで作品の取り扱いがない方
演出がわかる15分以上の劇映画、もしくは当該企画に基づく15分以上のパイロット映像を収録したDVDを3枚に複製してお送りください。(1作品のみ、DVDに限る)
※送付いただく映像作品は、権利処理(DVDに収録する許諾、3枚複製する許諾、収録されている音楽著作物・音源の録音使用許諾、複製許諾を含みます)を全て終えたものに限ります。万一、権利処理に疑義があることが判明したり、権利処理に異議がある旨の指摘等があった場合は、審査対象から外れる場合がございます。

■DVD送付先
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1
目黒セントラルスクエア6階
カルチュア・エンタテインメント株式会社
TCP2019運営事務局宛

■DVD送付方法
・郵送に限ります。事務局への直接持ち込みは受付できません。
・審査の都合上、過去映像作品・パイロット映像1点につき3枚のDVDをご提出ください。
・再生不良を防ぐため、ディスクにラベル等は貼り付けず、応募ID・タイトル・収録分数を各DVDディスクの表面に記入し、1枚ずつプラスチックケースに封入してください。
・パソコンだけでなく、市販のDVDプレイヤーで再生できるものをお送りください。



《脚本部門の応募要項》
脚本部門では、企画書とその脚本でご応募いただけます。
受賞すると、当該企画の映像化において脚本を担当していただきます。

《脚本部門の募集内容》
映像化可能な作品の企画書を募集いたします。
実写の長編作品企画(60分以上)であれば、プロアマ、応募者の年齢、性別、国籍、学歴の一切の制限はございません。(但し、企画書・脚本は日本語のもの) 個人に限らず、チーム、プロジェクト、団体、法人でのご応募も可能です。 すでに公開や商用使用された、または今後公開や商用使用が決まっている企画、 もしくは第三者(法人含む)が権利を有する企画、特定の宗教や思想を勧奨あるいは誹謗中傷する企画、公序良俗に反する企画等はご応募いただけません。
(詳細は応募約款をご確認の上、ご応募ください)

《脚本部門の提出物》
■企画書PDFデータ+脚本PDFデータ

※公式サイトから所定の応募用企画書をダウンロードし、アップロードしてください。
※応募用企画書フォーマット以外での応募は無効となります。
※ファイル名は「応募ID+企画タイトル」にしてください。
※パワーポイント版を使用される場合、PDFに変換してアップロードしてください。
※脚本は、当該企画に基づく脚本。
※共同執筆でもご応募可能です。
※既に公開や商用使用された、または今後公開や商用使用が決まっている脚本は、選考外となります。
※最初の1ページ目はタイトルと応募IDを記載し、本文は2ページ目から記載してください。
フォント:機種の標準フォント、用紙設定:横、縦書き、20字×20行で1枚 枚数:60~120枚 日本語で書かれたもの
※脚本には、氏名等の個人情報は記載しないでください。

3部門共通の提出物
エントリー料の振込が確認できる明細等のスキャンデータ(写真データ可)
※振込が確認できる明細等に『WEBエントリー受付メール』に明記されている応募IDを記入してください。
※応募提出物については返却いたしませんので、ご了承下さい。

審査の流れ
▼1次審査(6月中旬~9月中旬)
映像に精通したTSUTAYAスタッフが応募提出物を拝見し審査いたします。1次通過者には個別に2次審査のご連絡をします。

▼2次審査(9月中旬~10月中旬)
数日に分けてTCPプロデューサーによる全員面談を実施します。2次通過者には個別にご連絡します。

▼最終審査(12月)
応募者自らの手で企画をプレゼンテーションをしていただきます。 企画に対しての熱い想いを最終審査員にぶつけてください。

《監督部門応募の方へ》
2次審査を通過された方は、最終審査用に応募作品企画のイメージ映像(応募時にパイロット映像を提出された方は、パイロット映像とは別の映像)を準備していただきます。

TCP 2019 最終審査員
第一線で活躍中の映画プロデューサーや俳優など、著名なクリエイターで構成します。

TCP2019より企画マーケット登録制を新設
TCP1次審査を通過した優良な映画企画書は、機密管理された環境で、プロの映画製作者の目によって閲覧される「企画マーケット」へ登録されます。
最終審査で受賞しなかったとしても、映画化へのチャンスがあります。
なお登録には、1次審査通過時にお送りする企画マーケットに関する約款への同意が必要になります。

応募先
応募期間中に公式サイトのWEBエントリーフォームからエントリー後、応募部門で指定された提出物をアップロードしてください。

※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
SAVE THE CATの法則

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

映画脚本100のダメ出し
映画脚本100のダメ出し

3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣CBC
 ┣AbemaTV
 ┣TSUTAYA
 ┣SAIGATE
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣講談社
 ┣DLsite
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
sponsored link