シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


月刊ドラマ 2015年 6月号 (5月18日発売)

月刊ドラマ 2015年 6月号 (5月18日発売)

月刊ドラマ 2015年 6月号 (5月18日発売/映人社)

▼掲載シナリオ

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』 1・15・16・17回
大島里美(1・15回)
宮村優子(16・17回)


明治維新で活躍する数多くの志士を育てた思想家・教育者の吉田松陰。松陰の妹・文(ふみ)は、長州藩士・久坂玄瑞(くさか げんすい)の妻となり、激動の運命に翻弄されながらも、松陰の志を引き継ぐ。幕末の動乱が激しさを増す中、松陰の家族や門弟たちは様々な困難に直面するが、松陰の教えを胸に、志を持って力強く生き抜く――。
“家族の強い絆”と、松陰の志を継いで時代を切り拓いていった“若者たちの青春群像”をダイナミックなスケールで描く。
物語のスタートとなる第1回と、吉田松陰の処刑という物語のターニングポイントとなるエピソードを描いた15回から17回の計4回分を掲載。
出演:井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大ほか

▼誌上講義

岡崎由紀子
『直しが脚本の出来を決める』

脚本の創作は、エンドマークにまで辿り着いた時点では、終了したと言えない。プロの脚本家はそこから内容の検証を行い、“直し”をすることによって、作品の完成度を高めていく。
プロにとっても脚本創作の上で重要な作業の“直し”だが、脚本家志望者の中には、コンクール応募作品を執筆するに当たり、直しの作業を蔑ろにする例もあると聞く。
最後まで書き終えた脚本に、なぜ更に直しの作業を行うことが必要なのか? また直しを行う際、どのような点に気を付ければ良いのか?
脚本家・小説家で、日本脚本家連盟スクールで講師も務める岡崎由紀子氏が、脚本創作における“直し”の重要性と、その方法を分かりやすく解説。

▼特別企画

鬼頭麟兵(きとう りんぺい) 編・監修
「復刻 シナリオ用語事典」

シナリオ・ライターで、長年月刊シナリオの編集長、日大芸術学部講師を務めた鬼頭麟兵氏が、本誌に10年余りに渡って連載した『シナリオ用語の基礎知識』。
今号ではその中から「インサート」「オムニバス形式」「かせ」「カタルシス」「狂言回し」「グランド・ホテル形式」「シークェンス」「シノプシス」などシナリオ作法を語る上で欠かせない用語の解説を再掲載。

▼誌上シナリオ講義

北阪昌人
ラジオドラマ脚本を書いてみよう!
~15分のラジオドラマを完成させるためのレッスン~(2)

『NISSAN あ、安部礼司』『AKB48の私たちの物語』など数多くのラジオドラマ脚本を手がける北阪昌人の誌上講座がリニューアル。ラジオドラマ脚本を書いたことがない層に向け、まず15分のラジオドラマ脚本を完成させるために必要なことを分かりやすくレクチャー。

▼連載

こうたきてつや『テレビドラマ史~作家が紡いできた世界~』(9)
長い放送の歴史の中でテレビドラマが果たしてきた役割??何が生まれ、何を得て、何を失ったのか? 脚本家がテレビドラマでどんな世界を紡いできたのかを紐解くことで、現在のテレビドラマが抱える問題を浮き彫りにする。今回は『〈開発前期(2)〉一九六〇‐六四年~』。

セリフとト書き(110)
武田樹里「ト書きで葛藤する私」
テレビ『離婚弁護士』『~ひめゆり隊と同じ戦火を生きた少女の記録~最後のナイチンゲール』『セレンディップの奇跡』、映画『受験のシンデレラ』などを手がけ、淑徳大学人文学部客員教授も務める氏が、ト書きを執筆する際の想い、その難しさなどを綴る。

放作協通信(32)
一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
今春開校した作家養成スクール「東京作家大学」の第一期入学式の模様をレポート。

さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(74)
AM1422kHz ラジオ日本・木曜深夜3時~好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
今回は、脚本家の大森寿美男さん、放送作家の山口克久さんのトークを誌上採録。

▼シナリオ公募情報

(募集要項)
南のシナリオ大賞
中四国ラジオドラマ脚本コンクール
NHK名古屋 創作ラジオドラマ脚本募集
創作テレビドラマ大賞
新人シナリオコンクール[特別賞]大伴昌司賞
WOWOWシナリオ大賞

▼ライター掲示板

會川 昇
上江洲誠
喜多リリコ
黒木久勝
滝本祥生
渡辺千穂

▼トピックスコーナー
前田司郎氏、向田邦子賞受賞
市川森一脚本賞・奨励賞にバカリズム、宇田学の2氏
輿水泰弘氏、橋田賞を受賞
訃報

▼オーディオドラマコーナー

月刊ドラマ 2015年 6月号 (5月18日発売/映人社)
 


「感情」から書く脚本術

月刊シナリオ 2015年 6月号 (5月2日発売)

月刊シナリオ 2015年 6月号 (5月2日発売)

月刊シナリオ 2015年 6月号 (5月2日発売)

▼掲載シナリオ

『ズタボロ』

脚本:高橋泉
監督:橋本一 
原作:ゲッツ板谷 
出演:永瀬匡 清水富美加 木村祐一 佐藤二朗 平田満 南果歩

《作品について》
2007年に松田翔太主演で製作・公開された「ワルボロ」の続編。作家のゲッツ板谷氏が、前作に続いて自伝的小説として書き上げた「メタボロ」「ズタボロ」の小説2冊を原作に、高校に進学した主人公コーイチと仲間たちが、暴走族、不良集団、ヤクザなどの抗争に巻き込まれていく姿を描く。地元・立川の不良グループで幅を利かせていたコーイチ、ヤッコ、キャームの3人は中学を卒業。高校でも大きな顔をしたいがため、暴走族「立川獄門」に入る。しかし、そこでは「新人教育」という名目で理不尽なヤキを入れられる日々が続く。嫌気がさしたコーイチは立川獄門から距離を置くが、その間にヤッコが半殺しの目に遭ってしまい、コーイチは親友の復讐のためヤクザの叔父・猛身の舎弟になることを決意する。主人公コーイチ役は「仮面ライダーウィザード」の永瀬匡、監督は「探偵はBARにいる」シリーズの橋本一。

▶インタビュー
高橋泉 ~他の不良映画とは違うものを~



▼掲載シナリオ

『しとやかな獣』

原作・脚本:新藤兼人
<若尾文子映画祭 青春>より (1962年)
監督:川島雄三
出演:若尾文子 伊藤雄之助 山岡久乃 船越英二

《作品について》
「人間」を監督した新藤兼人の原作・脚色から、「雁の寺」の川島雄三が監督した社会ドラマ。撮影は「瘋癲老人日記」の宗川信夫。

▶作者ノートなど
新藤兼人「しとやかな獣」作者ノート

「若尾文子映画祭 青春」上映作品一覧



菊島隆三賞授賞式
第17回シナリオ作家協会「菊島隆三賞」授賞式


受賞の言葉 足立紳
菊島隆三賞トークセッション

(ゲスト)
足立紳
筒井ともみ
丸山昇一
安藤サクラ 

(司会)
今井雅子

~最高だからな……。勝利の味ってのは~

▼リレー連載

大川俊道 
私のマスターピース〜シナリオの宝石箱から〜
『処刑遊戯』

▼連載

佐伯俊道 
終生娯楽派の戯言
第36回 佐渡でサド

照井康夫 野田高梧の「蓼科日記」
第17回 「果しなき欲望」の今村昌平組、蓼科にて始動

モルモット吉田 シナリオ評
『ズタボロ』

▼情報

シナリオボックス

《作家通信》
安倍照雄 
石森史郎 
藤岡美暢(藤ダリオ) 
山本俊輔

第25回 新人シナリオコンクール 
特別賞 大伴昌司賞 作品募集


月刊シナリオ 2015年 6月号 (5月2日発売)
 


「感情」から書く脚本術
締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
本当に売れる脚本術

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣PAP企画
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link