シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


月刊ドラマ 2015年 8月号 (7月18日発売)

月刊ドラマ 2015年 8月号 (7月18日発売)

月刊ドラマ 2015年 8月号 (7月18日発売/映人社)

▼発表(掲載シナリオ)

第15回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞
受賞作発表


今回で、第15回を迎えた「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」。今回は応募総数1394編から厳正な審査の結果、大賞1編、優秀賞2編が選ばれた。 受賞者の喜びの声「受賞の言葉」、最終選考委員の脚本家・井上由美子氏、岡田惠和氏、両沢和幸氏による、選考作家座談会、受賞作3編の脚本を掲載。

《大賞》
藤原 忍『少女のみる夢』

《優秀賞》
石川俊介『ぼくらがたたかうためのうた』
馬場悠希『デッドマン・ストーキング』


▼掲載シナリオ

輿水泰弘『相棒 season13』
第15話『鮎川教授最後の授業』
第16話『鮎川教授最後の授業・解決篇』


警視庁の窓際部署“特命係”に所属する頭脳明晰な杉下右京とその相棒・甲斐亨が難事件を次々と解決していく刑事ドラマ。「なぜ人を殺してはいけないのか」という重いテーマを『相棒』ならではの視点で描き、高い評価を獲得した受賞対象作・前後篇の脚本と、輿水氏の“作者ノート”を掲載。

▼対談

『ラジオドラマ脚本を書いてみよう!』
特別企画 北阪昌人×真銅健嗣(NHK)

好評誌上講座・北阪昌人『ラジオドラマ脚本を書いてみよう!〜15分のラジオドラマを完成させるためのレッスン』の特別企画として、北阪氏と北阪氏が『創作ラジオドラマ脚本懸賞公募』(現在は『創作ラジオドラマ大賞』に改称)で入選に選ばれた『水の行方』をラジオドラマ化する際、演出を手がけた真銅健嗣氏に、当時を振り返って審査時からラジオドラマ化、放送に至るまでどのような経緯を経たのかなどの思い出、そしてラジオドラマの未来、可能性、今後ラジオドラマ作家を志す方への提言など、ざっくばらんに語り合っていただく。

▼インタビュー

今井夏木ディレクターに聞く
『TBS連ドラ・シナリオ大賞』応募の要点

第5回TBS連ドラ・シナリオ大賞へ応募を志す方へ、TBS連ドラ・シナリオ大賞の担当ディレクターである今井氏が、連続ドラマの一話に必要な要素、応募作に望むことなどを語る。

▼連載

◆こうたきてつや『テレビドラマ史~作家が紡いできた世界~』(11)
長い放送の歴史の中でテレビドラマが果たしてきた役割——何が生まれ、何を得て、何を失ったのか? 脚本家がテレビドラマでどんな世界を紡いできたのかを紐解くことで、現在のテレビドラマが抱える問題を浮き彫りにする。今回は、『ドラマの大衆化と表現の闘い(2)〈開発後期〉~一九六五‐六九年~』。

◆セリフとト書き(112)
金子ありさ「骨と装飾」
第8回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞後、テレビドラマ「ナースのお仕事3・4」「がんばっていきまっしょい」「Stand up!!!」「第二楽章」「芙蓉の人」「罪人の嘘」映画「電車男」「陰日向に咲く」「ヘルタースケルター」など数多くの作品を手がける筆者が、ある作品を手がけたことで、構成をじっくり作ることを学び、脚本が奥深いものであることを悟ったエピソードなどから、セリフとト書きの重要性を説く。

◆放作協通信(34)
一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
今回は、「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」受賞後、話題作を次々と手がけている脚本家・古沢良太氏に、「私の脚本道」を伺う。

◆さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(76)
AM1422kHz ラジオ日本・木曜深夜3時~好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
今回は、脚本家の足立紳さん、放送作家の山田美保子さんのトークを誌上採録。

▼シナリオ公募情報

(募集要項)
函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞
城戸賞
南のシナリオ大賞
BKラジオドラマ脚本賞
WOWOWシナリオ大賞
富士山・河口湖映画祭シナリオコンクール
中四国ラジオドラマ脚本コンクール
NHK名古屋 創作ラジオドラマ脚本募集
新人シナリオコンクール[特別賞]大伴昌司賞
橋田賞新人脚本賞
TBS連ドラ・シナリオ大賞

▼ライター掲示板

小峯裕之
田口佳宏
坪田 文
ますもとたくや
村越繁
森下直

▼トピックスコーナー
放送文化基金賞決まる
「ドラマ甲子園」受賞作決定
新刊案内

▼オーディオドラマコーナー

月刊ドラマ 2015年 8月号 (7月18日発売/映人社)
 


「感情」から書く脚本術

月刊シナリオ 2015年 8月号 (7月3日発売)

月刊シナリオ 2015年 8月号 (7月3日発売)

月刊シナリオ 2015年 8月号 (7月3日発売)

▼掲載シナリオ

『日本のいちばん長い日』

脚本・監督:原田眞人
原作:半藤一利 
出演:役所広司 本木雅弘 松坂桃李 山崎努

《作品について》
昭和史研究の第一人者・半藤一利の傑作ノンフィクション「日本のいちばん長い日 決定版」を、「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」の原田眞人監督が映画化。1945年8月15日に玉音放送で戦争降伏が国民に知らされるまでに何があったのか、歴史の舞台裏を描く。太平洋戦争末期の45年7月、連合国軍にポツダム宣言受諾を要求された日本は降伏か本土決戦かに揺れ、連日連夜の閣議で議論は紛糾。結論の出ないまま広島、長崎に相次いで原子爆弾が投下される。一億玉砕論も渦巻く中、阿南惟幾陸軍大臣や鈴木貫太郎首相、そして昭和天皇は決断に苦悩する。出演は阿南惟幾役の役所広司、昭和天皇役の本木雅弘をはじめ、松坂桃李、堤真一、山崎努ら。

▶巻頭インタビュー
原田眞人 ~昭和天皇のキャスティングが大変だった~
(聞き手・構成)後河大貴



▼掲載シナリオ

『東京裁判』

脚本:八住利雄
<1971年作品 未映画化>

▶戦後70年特別企画シナリオ選&論考
保阪正康 「日本のいちばん長い日」新旧映画シナリオ考
中島貞夫 戦争映画は1本だけ
モルモット吉田 シナリオ評「日本のいちばん長い日」(新作)
八住利雄(再録)「東京裁判」創作ノート



▼リレー連載

坂田義和 
私のマスターピース~シナリオの宝石箱から~
『天国と地獄』

▼連載

佐伯俊道 
終生娯楽派の戯言
第38回 凄まじき大島三原山・野戦病院

照井康夫 野田高梧の「蓼科日記」
第19回 『お早よう』のコンストラクション決定から脱稿まで

三宅直子シナリオセミナー
タイトルに思いを込める

▼ブックレビュー

三宅直子 石森史郎・著『新宿伝説』
~万華鏡に滲み出る優しさと底力~

▼情報

シナリオボックス

《作家通信》
足立紳
竹内清人 
ハセベバクシンオー 
山田太一

《PHOTOニュース》
第24回新人シナリオコンクール授賞式

第25回 新人シナリオコンクール 
特別賞 大伴昌司賞 作品募集

▼追悼

追悼・望月武
井上正子


月刊シナリオ 2015年 8月号 (7月3日発売)
 


「感情」から書く脚本術
締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
本当に売れる脚本術

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link