シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


月刊ドラマ 2016年 1月号 (12月18日発売)

月刊ドラマ 2016年 1月号 (12月18日発売)

月刊ドラマ 2016年 1月号 (12月18日発売/映人社)

▼発表

第27回フジテレビヤングシナリオ大賞 受賞作発表

1987年の創設以来、トップライターを輩出し続けている“新人脚本家の登龍門”『フジテレビヤングシナリオ大賞』。第27回を迎えた今回は、応募総数2061編の中から大賞1編、佳作3編が選出された。
今号では入選作4編の脚本を一挙掲載。そして今回の審査を担当したフジテレビのプロデューサー、ディレクター3氏による『審査員座談会』も掲載。
今後コンクールへの応募を目指す方はもちろん、新鋭作家をいち早くチェックしておきたいドラマファンの方にもお勧め。

《掲載脚本》
大賞受賞作・青塚美穂「超限定能力」
佳作受賞作・槌谷 健 「人体パズル」
佳作受賞作・井上聖司「龍に成る」
佳作受賞作・峯 邦雄 「ゴーン・アイデンティティ」

▼掲載シナリオ

テレビアニメ
『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』
7話「空も星も越えていこう」會川 昇
9話「果てしなき家族の果て」辻 真先


これまで数々のフィクションで描かれてきた、数々の「超人たち」が、もしすべて同時に実在していたとしたら?
「神化」という架空の年代、高度成長によって発展する戦後20余年の「もうひとつの日本」を舞台にして繰りひろげられる、多彩な超人たちの饗宴――。
會川氏、辻氏のコメント『作者ノート』も掲載。



▼誌上講座

北阪昌人『ラジオドラマ脚本を書いてみよう!~15分のラジオドラマを完成させるためのレッスン』(8)
『NISSAN あ、安部礼司』『AKB48の“私たちの物語”』など数多くのラジオドラマ脚本を手がける北阪昌人が、ラジオドラマ脚本を書いたことがない層に向け、まず15分のラジオドラマ脚本を完成させるために必要なことを分かりやすくレクチャー。今回は「ラジオドラマ脚本のプロットについて」。

▼連載

◆こうたきてつや『テレビドラマ史~作家が紡いできた世界~』(15)
長い放送の歴史の中でテレビドラマが果たしてきた役割――何が生まれ、何を得て、何を失ったのか? 脚本家がテレビドラマでどんな世界を紡いできたのかを紐解くことで、現在のテレビドラマが抱える問題を浮き彫りにする。今回は『テレビドラマの新たな創造(1)〈発展期〉~一九七〇年代~』。

◆セリフとト書き(116)
三上幸四郎『世界の半分をお前にやろう』
テレビアニメ『電脳コイル』『名探偵コナン』テレビドラマ『特命係長 只野仁』などの脚本を手がける氏が、ロール・プレイング・ゲーム(RPG)の名作『ドラゴンクエスト1」を材に取り、脚本におけるセリフとト書きの関係性、そして重要性を綴る。

◆放作協通信(39)
一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
今回は、11月14日に開催された『第44回創作ラジオドラマ大賞 公開講座』の模様をレポート。

◆さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(81)
AM1422kHz ラジオ日本・木曜深夜3時~(2016年1月7日放送から深夜2時~)好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
今回は、脚本家・映画監督の中野貴雄さん、脚本家の山浦弘靖さんのトークを誌上採録。

▼シナリオ公募情報

(審査結果発表)
城戸賞
BKラジオドラマ脚本賞
ラジオ日本「カフェ・ラ・テ」ドラマ脚本募集
伊参スタジオ映画祭 シナリオ大賞

(募集要項)
恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞
北のシナリオ大賞
創作ラジオドラマ大賞

▼ライター掲示板

綾奈ゆにこ
井出真理
入江信吾
加藤綾子
塩田千種
真野勝成
山田太一

▼トピックスコーナー
文化庁芸術祭参加作品
テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞受賞作がドラマ化
新刊案内

▼オーディオドラマコーナー

月刊ドラマ 2016年 1月号 (12月18日発売/映人社)
 


「感情」から書く脚本術

月刊シナリオ 2016年 1月号 (12月3日発売)

月刊シナリオ 2016年 1月号 (12月3日発売)

月刊シナリオ 2016年 1月号 (12月3日発売)

▼掲載シナリオ

『母と暮せば』

脚本:山田洋次 平松恵美子
監督:山田洋次 
出演:吉永小百合 二宮和也

《作品について》
小説家・劇作家の井上ひさしが、広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかった物語を、日本映画界を代表する名匠・山田洋次監督が映画化。主人公の福原伸子役を「おとうと」「母べえ」でも山田監督とタッグを組んだ吉永小百合が演じ、その息子・浩二役で二宮和也が山田組に初参加。「小さいおうち」でベルリン国際映画祭銀獅子賞(女優賞)を受賞した黒木華が、浩二の恋人・町子に扮する。1948年8月9日、長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で死んだはずの息子・浩二が現れる。2人は浩二の恋人・町子の幸せを気にかけながら、たくさんの話をする。その幸せな時間は永遠に続くと思われたが……

▶インタビュー
平松恵美子 
〜山田洋次監督とのシナリオ創り〜



▼掲載シナリオ

『新しき民』

脚本・監督:山崎樹一郎
出演:中垣直久 梶原香乃

《作品について》
江戸時代の享保年間に津山藩で実際に起こった「山中一揆」を題材に、一揆に巻き込まれた一人の農民の生き様を描いた時代劇。治兵衛は出産を控えた妻と山中の村で静かに暮らしていたが、藩による年貢の厳しい取立てに農民たちが蜂起。圧倒的な藩の力を前に農民たちは次々と倒れていく。渋々蜂起に参加した治兵衛は、身の危険を感じ、家族を捨てて村から逃げ出すのだが……。監督は「山中一揆」の舞台となった岡山県真庭で、農業を営みながら映画製作を続ける山崎樹一郎。

▶ノート
山崎樹一郎 
〜「新しき民」までのシナリオ考/自分のこと〜

桑原広考
 〜「新しき民」に至るささいな手記〜



▼掲載シナリオ

追悼・大原清秀
『実録・ジプシー・ローズ』


脚本:大原清秀
監督:西村昭五郎 
出演:ひろみ麻耶 坂本長利

《作品について》
日本のモンローと呼ばれ、幅広いファンを熱狂させた踊り子ジプシー・ローズの神秘なヴェールで包まれた私生活を描く。脚本は大原清秀、監督は「団地妻 昼下りの誘惑」の西村昭五郎、撮影も同作の山崎善弘がそれぞれ担当。

▶追悼・大原清秀
長田紀生 大原清秀氏を偲んで



▼山内久氏を偲んで

対談 森川時久×渡辺千明 
〜「若者たち」とその時代〜

追悼・山内久 渡辺千明 
〜馬場さん最後の手紙〜

▼リレー連載

里島美和 
私のマスターピース
~シナリオの宝石箱から~
〜『ふぞろいの林檎たち』『飛び出せ!青春』『メイド・イン・ヘブン』

▼連載

佐伯俊道 
終生娯楽派の戯言/第42回

照井康夫 野田高梧の「蓼科日記」
第24回 『秋日和』の執筆、快調な軌道に乗りはじめる

モルモット吉田
シナリオ評『実録ジプシー・ローズ』

▼情報

シナリオボックス

第26回 新人シナリオコンクール 
特別賞 大伴昌司賞 作品募集


月刊シナリオ 2016年 1月号 (12月3日発売)
 


「感情」から書く脚本術
締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
本当に売れる脚本術

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣PAP企画
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link