シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


月刊ドラマ 2016年 2月号 (1月18日発売)

月刊ドラマ 2016年 2月号 (1月18日発売)

月刊ドラマ 2016年 2月号 (1月18日発売/映人社)

▼シナリオ

TBSテレビ系 日曜劇場
後藤法子『家族ノカタチ』1話


結婚には後ろ向きで、こだわりに満ちたシングルライフを満喫している39歳独身男・大介と、大手商社に勤務する32歳バツイチ独身OL・葉菜子。そんな“結婚できない男”と“再婚しない女”が、双方の家族や周囲の人々を巻き込みつつ繰り広げるホームコメディ。
後藤氏のコメント“作者ノート”も掲載。
出演:香取慎吾 上野樹里 水原希子 荒川良々 風吹ジュン 西田敏行ほか



東海テレビ・フジテレビ系 昼ドラ
中島丈博『新・牡丹と薔薇』第8週(32話~36話)


ある事件をきっかけに出会ってしまう姉妹。二人の運命は、複雑に絡みもつれていく……それはまるで、愛の象徴と讃えられる薔薇の園に、花の女王とうたわれる牡丹が、誘われ迷い込むように。帯ドラマの原点回帰ともいえる赤裸々な人間ドラマ。
中島氏のコメント“作者ノート”も掲載。
出演:黛英里佳 逢沢りな 伊藤かずえ 田中美奈子 岡田浩暉ほか



NHK総合テレビ 新春スペシャルドラマ
木皿 泉『富士ファミリー』


富士山のふもとにある、コンビニとは名ばかりの時代遅れの店『富士ファミリー』の美人三姉妹。性格がバラバラの三姉妹と、彼女たちを取り巻く面々の、ちょっと変わった家族の物語。
木皿氏のコメント“作者ノート”も掲載。
出演:薬師丸ひろ子 小泉今日子 ミムラ 仲里依紗 片桐はいり 高橋克実 吉岡秀隆ほか



▼特別企画・誌上講義

浅田直亮『シナリオを最後まで面白くするためのコツ』
脚本は最初を面白くすることが重要なのは、脚本を学ぶ人々の共通認識になりつつある。一方で、書き出しは面白いのに、中盤以降の展開が停滞し、結局面白くない印象になってしまう脚本が、コンクール応募作品には少なからずあると聞く。審査員に脚本を最後まで面白く読ませるには何を心がけ、実践すればよいのか? そのコツを、シナリオ・センター講師の浅田直亮氏がレクチャー。

▼誌上講座

北阪昌人『ラジオドラマ脚本を書いてみよう!~15分のラジオドラマを完成させるためのレッスン』(9)
 『NISSAN あ、安部礼司』『AKB48の“私たちの物語”』など数多くのラジオドラマ脚本を手がける北阪昌人が、ラジオドラマ脚本を書いたことがない層に向け、まず15分のラジオドラマ脚本を完成させるために必要なことを分かりやすくレクチャー。今回は「ラジオドラマ脚本の要素について」。

▼連載

◆こうたきてつや『テレビドラマ史―作家が紡いできた世界―』(16)
長い放送の歴史の中でテレビドラマが果たしてきた役割――何が生まれ、何を得て、何を失ったのか? 脚本家がテレビドラマでどんな世界を紡いできたのかを紐解くことで、現在のテレビドラマが抱える問題を浮き彫りにする。今回は『テレビドラマの新たな創造(2)〈発展期〉~一九七〇年代前半』。

◆セリフとト書き(117)
青木江梨花『いいセリフはどこにある?』
テレビドラマ『農業女子 はらぺ娘』『花嫁のれん』『モメる門には福きたる』などの脚本を手がける氏が、ある作品を執筆するに際し、制作者から「いいセリフを最低3つ書いてください」と言われた経験から“いいセリフ”についての考え、ト書きへの思いを綴る。

◆放作協通信(40)
一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
今回は、現在募集中の脚本公募『フジテレビヤングシナリオ大賞』で、どんな作品が寄せられることを期待しているのかなど、フジテレビドラマ制作センターの高田雄貴氏にお話を伺う。

◆さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(82)
M1422kHz ラジオ日本・木曜深夜2時~好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
今回は、脚本家の金子ありささん、寺田憲史さんのトークを誌上採録。

▼シナリオ公募情報

(審査結果発表)
中四国ラジオドラマ脚本コンクール
函館港イルミナシオン映画祭 シナリオ大賞

(募集要項)
カフェ・ラ・テ特別企画 ラジオ日本 杉崎智介脚本賞
北のシナリオ大賞
フジテレビヤングシナリオ大賞

▼ライター掲示板

池谷雅夫
井沢 満
内館牧子
宇山佳佑
佐藤あい子
さらだたまこ
田中眞一
保刈愛李
和田清人
渡邉真子

▼トピックスコーナー
芸術祭受賞作発表
新刊案内

▼オーディオドラマコーナー

月刊ドラマ 2016年 2月号 (1月18日発売/映人社)
 


「感情」から書く脚本術

月刊シナリオ 2016年 2月号 (1月4日発売)

月刊シナリオ 2016年 2月号 (1月4日発売)

月刊シナリオ 2016年 2月号 (1月4日発売)

▼掲載シナリオ

新春特集 一色伸幸シナリオ集
『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』

(1月公開)

脚本:一色伸幸
監督:井上剛 
出演:石井杏奈 渡辺大和 木下百花 柾木玲弥 前田航基 南果歩 仲村獅童

《作品について》
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の井上剛監督がメガホンをとり、東日本大震災で離ればなれになった元同級生たちが、立ち入り禁止区域内の母校へタイムカプセルを掘り起こしに行く姿を追ったロードムービー。2015年3月にNHKで全国放送された特集ドラマに26分を追加した再編集版。神戸で暮らす女子高生・朝海のもとに、故郷・福島で同じ小学校に通っていた本気(マジ)から、立ち入り禁止区域になっている母校の校庭に埋めたタイムカプセルを掘りに行こうという誘いのメールが届く。同じくメールを受けた元クラスメイトの勝や香雅里、さらにひょんなことから同行することになった教師・岡里も加わり、一同は福島を目指すが……。ヒロインの朝海役に「ソロモンの偽証」でも活躍した「E-girls」の石井杏奈。共演にロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知、アイドルグループ「NMB48」の木下百花。

▶作者ノート
一色伸幸 
〜LIVE!LOVE!WRITE!生きて愛して足掻くこと〜



『僕らはみんな生きている』
(1993年作品)

脚本:一色伸幸
監督:滝田洋二郎 
出演:真田広之 岸部一徳 嶋田久作 ベンガル 山崎努

《作品について》
アジアの架空国タルキスタンのクーデターに巻き込まれた日本人商社員の姿を描くサバイバル・コメディ。「病院へ行こう」シリーズのヒット・コンビ、監督・滝田洋二郎、脚本・一色伸幸によるもので、撮影も同じく「病は気から 病院へ行こう2」の浜田毅。政情不安のタイで七五日間に渡る本格的長期ロケを敢行して完成した。キネマ旬報ベストテン第五位。



『幸せであるように』
(未映画化作品)

脚本:一色伸幸



▼出版案内

坂田義和 
「日本名作シナリオ選」出版のお知らせ

▼リレー連載

森岡利行 
私のマスターピース~シナリオの宝石箱から~
〜『竜二・ちょうちん』『どついたるねん』『りんりんと』『全集黒澤明』〜

▼連載

佐伯俊道 
終生娯楽派の戯言
第43回昼は純愛、夜は猟奇〜僕って二重人格?

照井康夫 
野田高梧の「蓼科日記」
第25回 『秋日和』の執筆、脱稿まで

モルモット吉田
シナリオ評『LIVE!LOVE!SING!』

三宅直子
シナリオ・セミナー 通信講座生とシナリオ志望者へ 直しは誰のものか
 (受講生の作品)「花火」武井花衣

▼情報

シナリオボックス

《作家通信》
荒島晃宏

第26回 新人シナリオコンクール 
特別賞 大伴昌司賞 作品募集


月刊シナリオ 2016年 2月号 (1月4日発売)
 


「感情」から書く脚本術
Twitter
Twitter@scenarionavi

カテゴリ/主催者
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
ブログ内検索