シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


月刊ドラマ 2016年 4月号 (3月18日発売)

月刊ドラマ 2016年 4月号 (3月18日発売)

月刊ドラマ 2016年 4月号 (3月18日発売/映人社)

▼掲載シナリオ

NHK総合テレビ
NHK BSプレミアム 連続テレビ小説
大森美香『あさが来た』第1週・第10週


幕末から明治・大正の大阪を舞台に、ヒロイン今井あさが、道楽に生きる夫・新次郎に代わって嫁ぎ先の両替商を盛り立てたことで思わぬ商才を発揮。炭鉱、銀行、生命保険、学校と次々に事業を興し、激動の時代をエネルギッシュに駆け抜けていく姿を、家族・夫婦の視点から温かく描く。
作者自薦の第1週・第10週の脚本を掲載。
【出演】:波瑠 玉木宏 寺島しのぶ 升毅 萬田久子 辰巳琢郎 風吹ジュン 近藤正臣 宮﨑あおい ほか

《ロングインタビュー》
大森美香 朝ドラ『あさが来た』執筆を終えて
~一年半に及んだ創作を振り返る~
『風のハルカ』以来10年ぶりに朝ドラを手掛けた大森氏に、本作執筆の経緯、脚本創作のエピソード、執筆中のライフスタイルについてなどお話を伺う。

▼掲載シナリオ

第8回WOWOWシナリオ大賞受賞作
WOWOWプライム 3月19日(土)よる9時~放送
ドラマW
川崎クニハル『双葉荘の友人』


舞台監督の夫・正治と妻で雑誌編集者の美江が、横浜港を望む高台のテラスハウス「双葉荘」に移り住んだことで始まるロマンチック・ミステリー。舞台監督の仕事を辞めた正治は、美江の計らいでライター業を始めるが。ある日を境に。26年前に同じ部屋に住んでいた、画家の幻影が見えるようになって……
第8回「WOWOWシナリオ大賞」大賞受賞作のテレビドラマ化。作者の川崎氏による作品のコメント「『双葉荘』映像化に当たって…』も掲載。
【出演】:市原隼人 臼田あさ美 中村倫也 陽月華ほか

《インタビュー》
『ドラマW 双葉荘の友人』植田春菜プロデューサーに聞く
本作のプロデューサーを務めたWOWOW・植田氏に、受賞作品を像化する上でのプロセス、エピソードについてお話を伺う。



▼誌上講座

北阪昌人『ラジオドラマ脚本を書いてみよう!~15分のラジオドラマを完成させるためのレッスン』(11)
『NISSAN あ、安部礼司』『AKB48の“私たちの物語”』など数多くのラジオドラマ脚本を手がける北阪昌人が、ラジオドラマ脚本を書いたことがない層に向け、まず15分のラジオドラマ脚本を完成させるために必要なことを分かりやすくレクチャー。今回は『誌上診断~場所を明確に!』。

▼連載

◆こうたきてつや『テレビドラマ史―作家が紡いできた世界―』(18)
 長い放送の歴史の中でテレビドラマが果たしてきた役割――何が生まれ、何を得て、何を失ったのか? 脚本家がテレビドラマでどんな世界を紡いできたのかを紐解くことで、現在のテレビドラマが抱える問題を浮き彫りにする。今回は『テレビドラマの新たな創造(4)〈発展期〉~一九七〇年代前半』。

◆セリフとト書き(119)
金井 寛『名台詞とは』
ドラマ「相棒」などを手掛ける氏が、『相棒』やシェイクスピアの『オセロ』を例に、ドラマにおける名セリフについて綴る。

◆放作協通信(42)
一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
今回は脚本家の小林雄次氏に「アニメ」「特撮」作品の創作、脚本家になった経緯などを伺う。

◆さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(84)
AM1422kHz ラジオ日本・木曜深夜2時から好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
今回は、脚本家の篠﨑絵里子さん、奥村俊雄さんのトークを誌上採録。

▼シナリオ公募情報

(中間審査発表)
第16回テレビ朝日新人シナリオ大賞 一次審査通過作品発表

(受賞作決定)
第9回富士山・河口湖映画祭シナリオコンクール

(募集要項)
シナリオ・センター大阪校創立40周年記念 20枚シナリオコンクール

▼ライター掲示板

池田奈津子
旺季志ずか
中澤香織
根本ノンジ
藤井香織
山岡潤平

▼トピックスコーナー
脚本アーカイブズシンポジウム開催
放送ライブラリーでウルトラマン展
訃報

▼オーディオドラマコーナー

月刊ドラマ 2016年 4月号 (3月18日発売/映人社)
 


「感情」から書く脚本術

描けない人の為の漫画コンテスト/upppi

描けない人の為の漫画コンテスト/upppi

【描けない人の為の漫画コンテスト】 
締切:2016年4月26日(火) 13時まで


《入賞賞金》
大賞(1本):5万円+タテコミ化&電子配信
佳作(2本):1万円相当の粗品



■募集作品
読み切り(1話完結)を想定したタテコミ(漫画)の元ネタとなる下記の何れか1形式。
●小説
●シナリオ
●ネーム

■応募資格
・プロ、アマ問わず応募可能です。
・1人何作品でも応募可能です。
・商業(商業誌・商業電子書籍)未発表のオリジナル作品に限ります。
・過去に他コンテストへ応募した作品、他コンテストへ応募中の作品は不可とします。
※他コンテスト落選作品をベースに改稿した作品は、この限りではありません。
※投稿者自身の管理するホームページ・blog等へ応募作品を掲載する場合は、無断転載行為との混同を避けるため必ずupppi作品ページへのリンクを添えてください。

■原稿規定/応募規定
《小説・シナリオ形式の場合》
8,000字以上20,000文字以内のテキスト、もしくはEPUB

《ネーム形式の場合》
70コマ以上100コマ以内のタテコミネーム(棒人間でも可)
※ファイル形式はJPG形式とします。
※コマのカウント方法については、こちらのタテコミ見本作品でご確認ください。
※画像の横幅は統一するものとします。

・作品は全年齢向けであるものとします。年齢制限基準は作品ガイドライン【作品閲覧の年齢制限】をご参照ください。
・作品は「無料で公開」されているものが審査対象となります。
・作品募集期間内は作品の改訂を可とします。(公式サイト参照)
・upppi利用規約及び作品ガイドラインを順守するものとします。
・作品表紙を設定する際はコンテンツガイドライン【作品表紙に関する規定】を順守して下さい。
以上の規定を満たす作品を、募集期間内にupppiへ投稿してください。

■応募方法
《参加方法》
upppiのアカウントを取得し、募集期間内に規定を満たす作品を投稿してください。
②投稿時、必ずコンテスト参加設定の項目から"描けない人の為の漫画コンテスト"を選択してください。コンテスト専用のタグが付与されます。また、この時作品の公開状態は“誰でも閲覧可”にしてください。
③募集期間終了時、上記タグがついている作品を審査対象といたします。
この際、規定を満たしていない作品は審査対象から外されますので、必ず事前に規定の確認をしてください。

《募集期間》
・2016年2月25日から2016年4月26日13時00分までに投稿された、上記タグの付与された作品を選考対象とします。
・作品募集期間内は、読者コメント等を参考に何度でも作品を改訂出来るものとします。なお、選考は作品募集期間終了時点での各作品最新版にて実施します。

■審査日程
募集期間:2016/2/25 10:00:00 ~ 2016/4/26 13:00:00
選考期間:2016/4/27 ~ 6月予定
結果発表・6月予定
※作品募集期間内に限り何度でも作品を改訂可能です。

■タテコミ化&電子配信について
大賞作品はタテコミ化され、Renta!で配信予定です。

■選考方法
・審査員選考
審査員は株式会社ネオアルドのスタッフが務めます。

■会員登録と作品投稿について
・upppiのご利用には会員登録(無料)が必須となります。未登録の方は、以下のリンクから登録をお願いいたします。
・登録はメールアドレスとニックネームのみで可能です。

※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。
icon公式サイトの募集要項を見る



「感情」から書く脚本術
Twitter
Twitter@scenarionavi

カテゴリ/主催者
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
ブログ内検索