シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


木下グループ新人監督賞

木下グループ新人監督賞
第1回 木下グループ新人監督賞
締切:2017年1月31日(火) 必着
入賞賞金
グランプリ:50万円
準グランプリ:25万円

木下グループ新人監督賞について
撮影機材も編集方法もデジタル化が進み、誰もが簡単に映画を作れるようになりましたが、新たな監督や脚本家など、日本映画界の次代を担う新しい才能は、まだまだ活躍する場を与えられていないのが現状です。自主映画の映画祭などで賞を獲った後、どうすれば 彼らが商業映画に進むことが出来るのか。ストーリーとアイデアがあっても、それを具現化する資金や術がない人たちは夢を実現出来ないのか。そんな才能溢れる若いクリエイターにむけて、我々は明確な道しるべを提示するために<木下グループ新人監督賞>を立ち上げます。初年度の今年は<なら国際映画祭><東京国際映画祭>とも連携し、新たな才能がより多くの映画関係者にも注目されるプロジェクトを目指します。

最終選考で選ばれた作品について
【劇場公開に向けて開発!】
配給会社を有し、数多くの映画に参画する木下グループ主催の賞だから保証できること。せっかく作っても劇場公開ができなければ意味がありません。選出され映画化が実現した作品はキノフィルムズが配給致します。

【5,000万円を上限とした製作費!】
自主映画ではなく、商業映画としてのクオリティを確保するための適性な予算をキノフィルムズのプロデューサーと一緒にたてます。5,000万円を上限とし、劇場公開を目指します。

【映画製作費とは別に賞金を授与!】
グランプリ1本 賞金50万円、準グランプリ3本 賞金25万円を授与します。これは映画製作費の上限5,000万円とは別に支払われます。

応募資格
プロ・アマを問いません。

原稿枚数
80枚~120枚程度(20字×20行)

募集内容/応募条件
長編映画(実写)の企画を募集します。
原則として商業映画デビューとなる方に限りますが、全国公開実績延べ20スクリーン以下、興行収入500万円以下でしたら、公開実績があってもそれが1作であれば応募は可能です。
プロアマ、年齢、性別、国籍、など一切の制限はございません。また、他の映画祭、コンクールに既出の企画でも応募可能ですが、その場合は既出の映画祭、コンクールの条件に準じてください。
本プロジェクトは新人監督を発掘し、劇場公開する映画を制作していくことを目的としているため、応募者は監督ご本人となります。ただし、脚本家やプロデューサーなどチームでの参加も可能です。

応募要項
郵送にて下記必要書類をご提出ください。

《必要書類》
①応募用紙:公式サイトより応募用紙をダウンロードしてください。
※一緒にダウンロードされる応募要項詳細をよくお読みください。
②企画書:タイトル、企画者名、登場人物表、あらすじが記載されたもの。A4用紙10枚以内。
③映画脚本:A4サイズを横に使用、20字×20行にて80~120枚程度(総尺75~120分程度)、タテ書き、フォントサイズ12
※ページナンバーをふってください。
※原稿の右肩をダブルクリップで留めてください。
④過去作品:過去に制作した映像作品がある場合は、代表作を1作品をDVDにて。

選考の流れ
■1次審査:2017年3月予定
キノフィルムズスタッフで応募作品全企画を拝見し、審査。
企画者の過去作品なども踏まえて10本を選出し中間発表します。

■2次審査:2017年5月予定
1次審査を通った10本を製作、配給、宣伝の各観点から議論し、場合によっては審査員との面談をさせていただきます。10本の中からグランプリ1本、準グランプリ3本の計4本を選出し、結果発表します。
※グランプリ、準グランプリの作品はキノフィルムズとともに開発に着手。映画化出来ると最終判断がされた企画を1本以上映画化し、配給。グランプリが必ずしも映画化されるとは限りません。配給できる作品にまで企画が練りあがらない場合は映画化しません。

選考委員
キノフィルムズスタッフに加え、プロデューサーや、国内外で活躍する映画監督が作品を選考します。
第1回審査委員長は河瀨直美監督です。

応募先
〒163-1309
東京都新宿区西新宿6丁目5番1号
新宿アイランドタワー私書箱1540号
キノフィルムズ内 新人監督賞事務局宛


※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



「感情」から書く脚本術

月刊ドラマ 2017年 2月号 (1月18日発売)

月刊ドラマ 2017年 2月号

月刊ドラマ 2017年 2月号

掲載シナリオ
後藤法子
『嘘の戦争』1話・2話

カンテレ・フジテレビ系 連続ドラマ

母と弟を殺し、自ら無理心中した父——けれどそれは、仕組まれた殺人事件だった!? 当時9歳だった主人公・浩一は、その犯人の顔を観たと警察に証言するが信じてもらえず、皆に「嘘つき」と呼ばれ……。やがて詐欺師になった浩一は30年の時を経て事実を知り、事件関係者たちに罠を仕掛ける。
詐欺師ならではの鮮やかな“ダマし”で積年の恨みを晴らす爽快な復讐劇。

出演:草なぎ剛 藤木直人 水原希子 菊池風磨(Sexy Zone) マギー 姜暢雄 野村麻純 大杉漣 山本美月 安田顕 市村正親



木皿 泉
『富士ファミリー2017』

NHK総合テレビ 2017年1月3日放送 新春スペシャルドラマ

富士山のふもとにある、コンビニとは名ばかりの時代遅れの店『富士ファミリー』の美人三姉妹。性格がバラバラの三姉妹と、彼女たちを取り巻く面々の、ちょっと変わった家族の物語の続編。長女の鷹子は雅男と近所のマンションで新婚生活を送り、故人となった次女・ナスミの夫・日出夫は若い妻・愛子を迎えて長女の光が誕生。そんな『富士ファミリー』に新たな住み込みアルバイトとして理系男子のぷりおが仲間入りする。一方、笑子バアさんの目の前に再び次女・ナスミが現れ、幽霊を卒業し生まれ変わろうと考えていると告白する。
木皿氏による作品へのコメント『作者ノート』も掲載。

出演:薬師丸ひろ子 小泉今日子 ミムラ 東出昌大 仲里依紗 片桐はいり 高橋克実 吉岡秀隆ほか

特別企画
仲村みなみ『最新ヒットドラマから学ぶ 脚本創作術』

2016年秋クールで放送され、好評を博した連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『Doctor-X外科医・大門未知子』『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』を俎上に上げ、3作に共通する点、脚本創作に役立つポイントなどを分かりやすく解説。

誌上講座
北阪昌人の enjoy! radio drama(10)
ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、ラジオドラマ脚本の誌上講座の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

連載
◆寺田憲史『創作願い クリエイティブの鉱脈を探す旅』(2)
好評連載『シナリオライターの生き残り術』が、対象をシナリオライターからクリエイティブに携わる人々へ拡大し、装いを新たに再スタート。アニメシナリオを起点に様々なジャンルの作品を手掛けてきた寺田氏が、自身の経験などを基に、激動の現代を生き抜くヒントを伝授。今回は「こんなカーナビ、4K・8K番組はどうだろう?」。

◆こうたきてつや「テレビドラマ史 脚本家が紡いできた世界」(28)
長い放送の歴史の中でテレビドラマが果たしてきた役割——何が生まれ、何を得て、何を失ったのか? 脚本家がテレビドラマでどんな世界を紡いできたのかを紐解くことで、現在のテレビドラマが抱える問題を浮き彫りにする。今回は「脚本家の時代(5)〜中島丈博と鎌田敏夫 〈発展期〉〜一九七〇年代後半〜」。

◆さらだたまこ/カフェ・ラ・テの庭で(94)
AM1422kHz ラジオ日本・土曜深夜3時から好評放送中のトークラジオとのコラボ企画。
今回は、脚本家の黒岩勉氏と、黒沢久子氏のトークを誌上採録。

◆放作協通信(52)
一般社団法人日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
今回は、脚本家の尾崎将也氏に、先日上梓されたシナリオ作法書『3年でプロになれる脚本術』の内容について伺う。

シナリオ公募情報
(最終審査結果)
『カフェ・ラ・テ』ドラマ・ファクトリー
フレッシュ・ドラマ・シリーズ「冬」

(募集要項)
フジテレビヤングシナリオ大賞

ライター掲示板
旺季志ずか
武上純希
津川泉
土城温美
福田裕子
森治美

トピックスコーナー
文化庁芸術祭受賞作発表
シナリオ功労賞授賞式
新刊案内

オーディオドラマコーナー

月刊ドラマ 2017年 2月号



「感情」から書く脚本術
Twitter
Twitter@scenarionavi

カテゴリ/主催者
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
ブログ内検索