シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


月刊シナリオ 2015年 9月号 (8月3日発売)

月刊シナリオ 2015年 9月号 (8月3日発売)

月刊シナリオ 2015年 9月号 (8月3日発売)

▼掲載シナリオ

『この国の空』

脚本・監督:荒井晴彦
原作:高井有一 
出演:二階堂ふみ 長谷川博己 工藤夕貴 富田靖子 石橋蓮司

《作品について》
「さよなら歌舞伎町」「海を感じる時」「共喰い」などの脚本を手がけたベテラン脚本家・荒井晴彦の18年ぶりにメガホンをとった監督作。谷崎潤一郎賞を受賞した高井有一による同名小説を原作に、戦時下を生きる男女の許されない恋を、二階堂ふみと長谷川博己の主演で描いた。終戦も近い昭和20年。東京・杉並の住宅に母と暮らす19歳の里子は、度重なる空襲におびえながらも、健気に生活していた。隣家には妻子を疎開させた銀行支店長の市毛が暮らしており、里子は彼の身の回りの世話をしている。日に日に戦況が悪化し、自分は男性と結ばれることのないまま死ぬのだろうかという不安を覚えた里子は、次第に女として目覚めていくが……。

▶巻頭座談会
荒井晴彦×稲川方人×斎藤久志
〜『この国の空』をめぐって〜



▼掲載シナリオ

『従軍慰安婦』

脚本:石井輝男
原作:千田夏光 
監督:鷹森立一 
出演:叶優子 三原葉子 緑魔子 根岸明美 室田日出男 由利徹 たこ八郎

《作品について》
己の肉体を将兵に捧げることが「お国の為」と信じて戦地へ赴いた慰安婦たちの最前線における極限の性を描く。原作は千田夏光のドキュメント「“声なき女”八万人の告発・従軍慰安婦」。脚本は「現代任侠史」の石井輝男、監督は「ボディガード牙 必殺三角飛び」の鷹森立一、撮影は「ゴルゴ13(1973)」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

▶『従軍慰安婦』解説
佐伯俊道 映画『従軍慰安婦』とその周辺



▼リレー連載

石森史郎 
私のマスターピース~シナリオの宝石箱から~
〜感謝をこめて、木下恵介監督〜

▼連載

照井康夫 
野田高梧の「蓼科日記」
第20回 高梧初めての越年と『風のうちそと』執筆

モルモット吉田
シナリオ評『この国の空』

久保田圭司シナリオセミナー
ストーリーの作り方をもう一度

▼情報

シナリオボックス

《作家通信》
安倍照雄
池田太郎
太田隆文
高崎雅明
安川有果

第25回 新人シナリオコンクール 
特別賞 大伴昌司賞 作品募集


月刊シナリオ 2015年 9月号 (8月3日発売)
 


「感情」から書く脚本術
締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
本当に売れる脚本術

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣PAP企画
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link