シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


蛍のころの「水の山」映像祭 北杜市シナリオコンクール

蛍のころの「水の山」映像祭 北杜市シナリオコンクール
蛍のころの「水の山」映像祭
第1回 北杜市シナリオコンクール

締切:2017年10月6日(金) 当日消印有効
北杜市シナリオコンクールについて
北杜を舞台にした短編映画のシナリオを全国公募します。
山梨県北杜市は豊かな自然(水・森・山・太陽)の宝箱です。
その舞台に相応しい自由な発想のシナリオを求めています。
グランプリ作品は、若手映像クリエイター(公募)によって映像化し、蛍のころの「水の山」映像祭 in 2018(6月開催)でその作品を上映します。
また、映像作品はDVD化し、『蛍のころの「水の山」映像祭VOL.1受賞作』として図書館などの施設に配布しイベント等で活用、北杜市のアーカイブとして保存します。

入賞賞金
《一般部門》
グランプリ(1名):50万円、シナリオを映像化して映像祭で上映、DVD化
準グランプリ(1名):5万円
入選作(6篇): 副賞各5千円相当の特産品

《小・中学生部門》
グランプリ(1名):図書カード1万円、シナリオを映像化して映像祭で上映、DVD化
準グランプリ(2名):図書カード3千円

応募資格
一般部門: 高校生以上
小・中学生部門: 小・中学生

原稿枚数
《一般部門》 短編映画20分
手書き200字詰原稿用紙40枚
またはパソコンはA4判用紙20枚(20字×20行)

《小・中学生部門》 短編映画10分
手書き200字詰原稿用紙20枚
またはパソコンはA4判用紙10枚(20字×20行)

応募規定
  • 「北杜の水・森・山・太陽」をテーマにし、北杜の豊かな自然を舞台にしたドラマのシナリオ。
  • 「一般部門」は手書き200字詰原稿用紙40枚。またはパソコンはA4判用紙20枚(20字×20行)。短編映画20分を想定。
  • 「小・中学生部門」は手書き200字詰原稿用紙20枚。またはパソコンはA4判用紙10枚(20字×20行)。短編映画10分を想定。
  • 表紙右側に「第1回北杜市シナリオコンクール応募作品」中央に作品名、左側に氏名。
  • 2枚目に作者氏名、性別、住所、電話番号、職業、生年月日、簡単な略歴を明記。
  • 3枚目に600字程度のあらすじ、4枚目に人物表、5枚目より本文(ページナンバーを記入のこと)。
  • 最後のページには、「完」「終わり」「了」などを記す。
  • 原稿は右側を、2ヵ所以上ひもで綴じる。
  • 封筒に「応募シナリオ在中」と朱書きして書留で郵送する。
  • 応募は郵送のみ。
応募締め切り
2017年10月6日(金) 当日消印有効

結果発表
2017年11月初旬 ホームページ上で発表。
表彰式は翌年6月蛍のころの「水の山」映像祭にて行います。

主催
北杜市「水の山」映像祭実行委員会

応募先
〒408-0188
山梨県北杜市須玉町大豆生田961-1
北杜市役所観光課内
『北杜市「水の山」映像祭実行委員会』事務局


※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。

公式サイトの募集要項を見る



「感情」から書く脚本術
締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
本当に売れる脚本術

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link