シナリオ公募ナビ|脚本コンクールの募集・公募情報をまとめ

シナリオコンクール/脚本賞の公募・募集情報をまとめた、シナリオライター/脚本家/漫画原作者/映画監督/演出家を目指す人向けのサイト。
映画、テレビドラマ、ラジオドラマ、演劇(戯曲)、ミュージカル、アニメ、漫画、ゲームなど各種媒体や団体で募集する脚本賞の公募ガイドです。
当サイト管理人のTwitter(@scenarionavi)では、脚本に関する情報や各コンクールの審査結果などについても定期的につぶやいています。


創作ラジオドラマ大賞/日本放送作家協会

創作ラジオドラマ大賞/日本放送作家協会

【第45回 創作ラジオドラマ大賞】
締切:2017年1月10日(火) 当日消印有効


《入賞賞金》
大賞(1編)50万円
佳作(2編)各10万円


※大賞の該当作がない場合は佳作3編となります。


■ジャンル
ラジオドラマ脚本

■応募資格
プロの脚本家をめざす人

■原稿枚数
50~55枚(400字詰め原稿用紙)

■放送時間
50分

■応募規定
【1】テーマ・内容は自由。
【2】未発表のオリジナル作品に限る。共作は不可。
【3】放送時間50分のもの。(400字詰め用紙50~55枚厳守)
【4】1人1作品。(厳守)

※書き方、綴り方の詳細については公式サイトからダウンロードできる募集要項のPDFファイルを必ず参照してください。

《パソコンの場合》

白のA4用紙(横)縦書き20字×20行で印字。
※B5用紙、B4用紙は不可。感熱紙も不可。
原稿用紙の枠は(審査の際に読みにくいので)印刷しないで下さい。

《手書きの場合》

市販の400字詰め縦書き原稿用紙(個人名、会社や団体名入りは不可)に、ペンまたはボールペンで書いてください。(鉛筆は不可)

創作ラジオドラマ大賞/応募原稿の書き方・綴り方等について

■選考委員
日本放送作家協会員の脚本家他
NHKドラマ番組部 関係プロデューサー、ディレクター

■結果発表
平成29年3月下旬頃、協会ホームページ、新聞雑誌等で公表し、大賞の脚本(該当作がない場合は佳作第1席)は月刊「ドラマ」誌に掲載予定。

■公開講座
応募希望者のための「公開講座」が平成28年11月19日(土)に開催されます。(要予約)
詳細については日本放送作家協会ホームページを参照の上、日本放送作家協会にメールでお問い合わせください。

■入賞作の放送
大賞はNHKで制作・放送されます。佳作についても制作・放送されることがあります。
なお、制作に際して、作者と相談のうえ補訂することがあります。

■著作権
制作・放送される入賞作の著作権は入賞確定日から3年間、その他の入賞作の著作権は1年間に限り、一般社団法人 日本放送作家協会に帰属します。

■その他
大賞(該当作がない場合は佳作第1席)の作者は、NHKの脚本開発の場に推薦されます。

■注意事項
(1)二重投稿・二重受賞の禁止―他の団体や企業などの公募に応募中、あるいは既に受賞したものは、入選作でも本賞の資格を失い賞金の返却を求められます。
(2)出典の明記―既成の著作物から一部を引用した場合は、本文末に続けて出典を明記してください。
(3)要項に従わない作品は選考の対象外となります。
(4)応募脚本の返却、選考過程・途中経過に関する問い合わせ、いったん提出した 作品の差し替え・変更には応じませんのであらかじめご了承ください。

■応募先
〒102-0081
東京都千代田区四番町4-9 東越伯鷹ビル5階
日本放送作家協会「ラジオドラマ公募係」


※応募の際は公式サイト等の募集要項を必ずご確認ください。
icon公式サイトの募集要項を見る



「感情」から書く脚本術
締め切り月別検索
sponsored link
シナリオの参考書
3年でプロになれる脚本術(尾崎将也)
3年でプロになれる脚本術

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールドの脚本術

「感情」から書く脚本術 心を奪って釘づけにする物語の書き方
「感情」から書く脚本術

サブテキストで書く脚本術/映画の行間には何が潜んでいるのか)
サブテキストで書く脚本術

新しい主人公の作り方/アーキタイプとシンボルで生み出す脚本術
新しい主人公の作り方

SAVE THE CATの法則/本当に売れる脚本術
本当に売れる脚本術

脚本を書くための101の習慣/創作の神様との付き合い方
脚本を書くための101の習慣

人気海外ドラマの法則21/どうして毎晩見続けてしまうのか?
人気海外ドラマの法則21
サイト更新履歴
サイト内検索
Twitter
Twitter@scenarionavi

サイトメニュー
 ┣TBS
 ┣WOWOW
 ┣AbemaTV
 ┣劇団NLT
 ┣劇団櫂
 ┣GG Studio
 ┣ボルモ
 ┣文芸社
 ┗長浜市
sponsored link